関西弁Windows

Sponsored Link
関西弁Windows 概略

関西弁Windows は Windows のメッセージダイアログを関西弁や博多弁、津軽弁などの方言に変更するソフト。

変更できる方言は、関西弁、岸和田弁、南河内弁、名古屋弁、三河弁、和歌山弁、広島弁、土佐弁、博多弁、熊本弁、富山弁、福井弁、金沢弁、津軽弁、秋田弁、仙台弁など多数。 やる夫やツンデレ、侍の言葉に変えることも可能。

関西弁を例にとると、 「名前を付けて保存」 → 「名前つけんで」、「利用できません。」 → 「使われへん。」、「OK」 → 「ええで」、「キャンセル」 → 「何でやねん」 のように変わります。

方言ファイルの編集、削除、新しい方言ファイルの作成も可能。

メッセージダイアログを様々な方言に変更できる楽しいソフトです。

  • 関西弁Windows
  • 制作者   : あらのホームページ
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : 2000/XP/Vista/7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
関西弁Windows
関西弁Windows Screenshot
関西弁Windows 主な機能・特徴
  • メッセージダイアログを方言に変更
  • 対応している方言は 関西弁、広島弁、岡山弁、津軽弁、名古屋弁、熊本弁、岸和田弁、南河内弁、行橋弁、三河弁、北九州弁、金沢弁、山口弁、長崎弁、博多弁、佐賀弁、土佐弁、沖縄弁、長崎弁、福井弁、富山弁、仙台弁、和歌山弁、阿波弁、佐賀弁、茨城弁、秋田弁、出雲弁、京女、やる夫語、ツンデレ語、侍 。
  • 新しく方言ファイルを作成可能
  • 方言ファイルの編集/削除が可能
  • インストール不要
関西弁Windows 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
アンインストールはフォルダごと削除でOK。

Sponsored Link

使い方
関西弁Windows を起動すると、タスクトレイに常駐します。 方言の変更、編集/削除とうの設定は、アイコンを 「右クリック」 → 「設定」 で。
関西弁Windowsの説明1

方言の変更

  1. 「方言を選択」 から使用したい方言を選択。
  2. [適用] をクリック。
  3. [OK] をクリック(この例では 「ええで」 になっている)。
関西弁Windowsの説明3
博多弁の方言に変えてみた。
関西弁Windowsの説明4
  1. 左側が通常、右側が方言のメッセージ文字列。
  2. 「変換前の文字列」 と 「変換後の文字列」。 文字列の変更はここで出来る。
  3. 文字を変更したら必ず [更新] をクリック。
  4. 選択した文字列の [削除] と新しい文字列の作成 [追加]
  5. 上記変更をした場合は [適用] をクリック。
  6. [OK] をクリック。
関西弁Windowsの説明5
  1. 方言の新規作成。
  2. 方言のコピーを作成。
  3. 削除。
  4. .txtを編集。
  5. 再読み込み。
関西弁Windowsの説明6
雑感

関西弁Windows、コレ結構面白いです。

方言を 「博多弁」 に変更したので、このまま使おうかと考えましたが、もう一度 「関西弁」 に戻しました。 やっぱり関西弁の方がパンチがあって、おもしろいね :mrgreen:

Sponsored Link

2 thoughts on “関西弁Windows

    1. ちょっと検索してみましたが、64bit 環境では動作しなかったという方もいらっしゃるようですね。

      ちなみに当環境は Windows 7 64bitです。
      関西弁Windows の実行ファイル 「KW.exe」 が入った 「kw058」 フォルダは C ドライブの 「Program Files (x86)」 直下に配置してます。

      配置の問題かもと思い、試しに 「Program Files」 に移動してみましたが、ここに置いても問題なく動作します。

      作者様に質問してみるのが解決の近道ですかね。

コメントを残す