Social IME

Sponsored Link
Social IME 概略

Social IME は単語や正しい変換結果をネット上で共有するユーザー参加型の日本語入力ソフト。

ユーザーが単語を登録すると、共有辞書に追加されて Social IME を利用するすべてのユーザーで登録された単語が使えるようになります。

今まで変換できなかった芸能人の名前や漫画の作品名など、 Social IME に登録されていれば一発変換が可能です。

すでに多くのユーザーにより単語登録や辞書のインポートが行われていますが、まだ変換できない単語もあります。 変換できない単語を見つけたら、単語登録画面から単語を登録。 これで次からはそのユーザーだけでなく、他の人も登録された単語を変換できるようになります。

たくさんの人が単語を登録すると、変換できる単語が増えていき、どんどん便利になっていく。  Social IME は WikiPedia のように不特定多数が編集することで、 日本語入力の辞書が自律的に成長していくシステムです。

この他、予測変換によって入力効率をアップさせることが可能。 例えば 「おは → おはようございます。」 、 「ほっか → 北海道」 、 「びーと → ビートたけし」 など、定型的な文章や Web上でよく使われる単語を効率よく入力できます。

  • Social IME
  • 制作者   : nokuno
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : XP/Vista
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
Social IME
Social IME Screenshot
Social IME 主な機能・特徴
  • 単語や正しい変換結果をネット上で共有
  • 共有辞書に追加された単語は Social IME を利用するすべてのユーザーで使える
  • 登録さえされていれば、人名、商品名、顔文字 など、どんな単語も一発変換
  • 変換できない単語を見つけたら単語登録画面より登録、日本語入力の辞書がどんどん成長していくシステム
  • 携帯電話のように予測変換によって入力効率をアップ
  • PC 初心者を対象とした実験で入力時間21%、キー操作26%削減
    (Microsoft Office IME 2007 と比較)
  • 予測変換には Webデータを用いた全く新しい変換エンジンを採用
  • 定型的な文章や Web上でよく使われる単語を効率よく入力
  • ローマ字入力の途中でも予測候補を提示
  • 長文が入力されたときの変換のため予測変換とかな漢字変換がシームレスに統合
Social IME 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
デフォルトでは 「C:¥Program Files」 にインストール。
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。

Sponsored Link

使い方

Social IME をインストールしたら一度 PC を再起動。 こうすることで全てのアプリケーションでの利用が可能になります。

画面右下に表示される言語バーが図のように Social IME になっていることを確認。
Social IMEの説明①
もし Microsoft IME のままだった場合は、 IME のオプションから設定をクリック。
Social IMEの説明②
  1. サービスと入力言語の 「設定の言語」 で Social IME を選択。
  2. [適用] をクリック。
  3. [OK] をクリック。
  4. PC を再起動。
Social IMEの説明③

Social IME を Microsoft IME に戻す場合も同じ手順で。

変換できない単語を見つけ登録したい場合は、言語バーの 「単」 をクリックして単語登録画面を表示。 単語とよみを入力し [OK] を押せばその単語を登録できます。
Social IMEの説明④

ここで登録した単語は Social IME を利用するすべてのユーザーに共有されます。 くれぐれも メールアドレスやパスワードのような個人的な情報を登録しないでください。

入力効率をアップさせる予測変換は、言語バーの 「予」 をクリックすることで ON 、OFF できます。
Social IMEの説明⑤
ソフトウェアキーボードを表示する場合は、言語バーの 「ソ」 をクリック。
Social IMEの説明⑥

Social IME は現在のところオフラインでの変換には対応していません。

雑感

Social IME と Microsoft IME は何がどうちがうのか? 簡単に言えば MS IME は個人が登録した単語しか使えない、 Social IME は利用者全てで登録された単語を使える、ということ。 更に詳しくは作者サイトの 今までのIMEとどう違うの? を読むとよくわかる。

サポート掲示板 に書き込まれた方がいましたが、 「単語登録を個人用データと共有データで分けられたりソートできたら使いやすい」 、私もコレ賛成。  MS IME に登録してある家族や友人の名前などは、現状の Social IME に登録するわけいかないので、この機能が付くと更に便利になる。 開発は鋭意継続中のようなので、今後も期待したい良いツールです。

Sponsored Link

コメントを残す