SpeedFan

Sponsored Link
SpeedFan 概略

SpeedFan はファンの回転数を制御できるシステムインフォメーションツール。

CPU温度、CPU使用率、コア電圧、メモリ、ハードディスク、GPU(グラフィック)などの情報を表示し、CPUクーラーやケースファンの回転数を制御できます。

この他、クロック周波数の表示、クロック制御自動化、ハードディスクの S.M.A.R.T. 情報表示、温度・ファンスピード・電圧のグラフ表示などの機能があります。

SpeedFan はファンコントローラを使わずにファンの静音化を行いたい、またはファンの回転数を上げて冷却効果を高めたいといったユーザーにお薦め。

Speedfan の正常動作にはマザーボードが対応している必要あり。
対応マザーボードの一覧

SpeedFan
SpeedFan Screenshot
SpeedFan 主な機能・特徴
  • ファンの回転数の表示、回転速度の回転制御
  • CPU 使用率を表示
  • CPU 、GPU(グラフィック)、ハードディスクなどの温度、コア電圧を表示
  • ファン自動制御機能
  • クロック周波数の表示、クロック制御の自動化
  • チップセット、 DIMM 情報の表示
  • ハードディスクの S.M.A.R.T. 情報表示
  • 温度、ファンスピード、電圧の変化をグラフ表示
  • タスクトレイに CPU 、ハードディスク、GPU の温度を表示
  • 日本語対応(未訳あり)
SpeedFan 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
デフォルトでは 「C:¥Program Files」 にインストール。
「Completed」 と表示されたら [Close] クリックでインストール完了。
SpeedFanの説明1
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。

Sponsored Link

使い方
日本語表示にする場合は SpeedFan 起動後、 [Configure] をクリック。
SpeedFanの説明2
  1. 「Options」 を選択。
  2. Language を 「Japanese」 に 。
  3. [OK] をクリック。
SpeedFanの説明3

これで日本語表示になりますが、わかりづらい日本語訳部分や英語のままの部分もあるので、もっとわかりやすい日本語表示にしたい場合は、 日本語版Factory Mar さんから日本語化プログラムをダウンロードして適用して下さい。

日本語化プログラムの適用手順は以下。

SpeedFan JP をダウンロードし解凍、中にある説明書を読んで SpeedFan日本語化.exe を実行。
SpeedFanの説明4
「SpeedFan をバージョン [英語版] からバージョン [日本語版] に更新します。」 で [はい] をクリック。
SpeedFanの説明5
差分を適用するフォルダを指定し [OK] をクリック。 場所が違う場合は [参照] から指定。
SpeedFanの説明6
差分が適用され終了が表示されたら [閉じる] をクリック。
SpeedFanの説明7

以下説明書とサイトより注意事項を抜粋。

★注意事項★
日本語化後、表示言語は[English]のまま、お使い下さい。 英語版 SpeedFan には元々日本語言語が入っているため、表示言語 [Japanese] を選択可能ですが、今回の日本語化は、英語版(English)を直接翻訳しているので、表示言語は [English] のまま、お使い下さい。

Alfredo Milani Comparetti社は日本語パッチをあてたものに対してはサポートしません。(サポート対象はオリジナルの英語版のみ) ダウンロードしたファイル(変換前のオリジナル、日本語化用ファイル)は、削除せずに残しておく事をお薦めします。再インストールしたい場合やアンインストールしたい場合に役立ちます。

SpeedFan 起動後ヒントのダイアログが表示されます。 不要な場合は 「次回から表示しない」 にチェックを入れ [閉じる] をクリック。
SpeedFanの説明8
起動後の 「メイン」 画面。 CPU 使用率、ファンの回転数、CPU 温度、ハードディスク、GPU(グラフィック)などの温度、スピードの % 、コア電圧を表示。
SpeedFanの説明9
「クロック」 タブでは、クロック周波数の表示、クロック制御の自動化が行える。
SpeedFanの説明10
「情報」 タブでは、チップセット、 DIMM 情報、サポートへの連絡等表示。
SpeedFanの説明11
「開発中」 タブは、CPU 、GPU 、System 、AUX 、HDD などの情報を一覧で表示。
SpeedFanの説明12
「S.M.A.R.T.」 タブでは、ハードディスクの S.M.A.R.T. 情報を表示。
SpeedFanの説明13
「グラフ」 タブは、温度、ファンスピード、電圧の変化をグラフで表示。
SpeedFanの説明14

今回は EPSON DIRECT の EDiCube BB100 を使用。

CPU はAthion XP 2000+。 とにかく CPU クーラーの五月蝿い PC です。

SpeedFan で設定する前に、ファン回転状況の目視と風切り音の確認のため、 PC ケースは開けました。
SpeedFanの説明15

SpeedFan を起動したらメイン画面の [詳細設定] をクリック。

上部タブ、 「温度」、「ファン」、「電圧」、「速度」 それぞれのタブに表示される項目を全てチェックし [OK] をクリック。
SpeedFanの説明16

メイン画面に戻り、 CPU ファンがどのスピードパーセンテージで制御できるのか確認。

  1. 「ファン自動制御」のチェックを外す。
  2. Speed 01、もしくは Speed 02 の % を徐々に下げる。
  3. Fan の回転数(RPM)、温度の変化を確認。
SpeedFanの説明17

この例では Speed 01 を徐々に下げることで1番上の Fan1の回転数、 Temp1 の温度に変化がありました。 また、目視ではよくわかりませんでしたが、CPU ファンの風切り音は小さくなりました。 このことから CPU は Fan1 、 Temp1 、Speed 01 であると判断。

また、「グラフ」 タブを表示して PC に負荷(動作の重いソフトを起動など)をかけ、変化の推移から判断する方法もあります。

ファン数が多い PC の場合、確認作業はもう少し複雑かも知れません。

Fan1 、 Temp1 、Speed 01 といった表記は変更するが出来ます。

メイン画面 [詳細設定] から、「温度」 タブ → 変更する 「Temp1」 を選択した状態で ファンクションキーの [F2]を押し下げ。 任意の名前に変更。 「ファン」、「速度」 それぞれ同じ要領で。
SpeedFanの説明18jpg
連動している箇所の名前を変更したことでわかりやすくなりました。
SpeedFanの説明19

温度の設定

メイン画面 [詳細設定] から、「温度」 タブ → 「CPU」 → 「要求」 → 「警告」 → 「タスクトレイで表示」 にチェック [OK] をクリック。
SpeedFanの説明20

ファンの速度設定

「速度」 タブ → CPUファン → 「最小値」 → 「最大値」 → 「自動調整」 にチェック [OK] をクリック。
SpeedFanの説明21

メイン画面に戻り 「ファン自動制御」 にチェックを入れる。(必ず入れる。)

上記例は CPU の温度が 40度以下になるまでファンを高速で回し、 40度以下になったらファンの回転数を 10% まで下げるよう設定。

図は CPU 温度が 38度になったので、ファン速度が 10% になったところ。
SpeedFanの説明22

使用している CPU の発熱量や CPU クーラーの性能で設定値は違ってきます。

この EDiCube BB100 は PCIスロットに GA-5200 というビデオカードを装着してますが、 SpeedFan で制御することは出来ませんでした。 またハードディスクの温度情報も取得できないので、メイン画面の表示を OFF にします。

メイン画面 [詳細設定] から、「温度」 タブ → 取得・制御できないアイテムのチェックを外す → [OK] をクリック。 「ファン」 と 「速度」 も同様に。
SpeedFanの説明23
これでメイン画面がスッキリしました。
SpeedFanの説明24

SpeedFan を Windows 起動時から常駐させる場合は以下。

メイン画面 [詳細設定] から、「オプション」 タブ → 「起動時に最小化」にチェック → 必要であれば「トレイアイコンによる情報」にチェック→ [OK] をクリック。
SpeedFanの説明25
デスクトップ等に SpeedFan のショートカットを作成し、 「C:\Documents and Settings\All Users\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ」 に移動。
SpeedFanの説明26

以上で Windows 起動時から SpeedFan が常駐します。

PC ケースを閉めると CPU 温度が 46度、ファン回転数は 100% になったため、「最小値」 の設定を 48度にしました。 この辺は微調整が必要です。

雑感

SpeedFan は、全ての PC で利用できるわけではありませんが、ファンコンを購入する必要もなくファンの回転速度を調整できて便利ではあります。 マザーが対応しており、かつ問題や疑問点を自力で解決できるユーザーにお薦めです。

扱いは割と簡単ですが、ファンの回転数を落としすぎて CPU を熱暴走させる可能性もあります。 設定は慎重に行って下さい。

使用に際して今回は多くのサイト様を参考にさせてもらいました m(_ _)m 。

SpeedFan 解説サイト
裏技shop DD
SpeedFanでファン速度を調節してパソコンの騒音を減らそう!
PSchlossΧToolSchloss
ファンの回転数を抑えて騒音を減らす SpeedFan
林檎の木
システムの温度測定とファンの回転数の制御
パソコンパス
SpeedFan(スピード・ファン)の使い方
PinkLion
110Ge SpeedFAN の設定
オールフリーソフト
SpeedFan 4.40
Sponsored Link

コメントを残す