SkyDrive Explorer

Sponsored Link
SkyDrive Explorer 概略

SkyDrive Explorer はマイクロソフトのオンラインストレージサービス 「SkyDrive」 を仮想ドライブとして扱えるようにするソフト。

マイクロソフトが提供する SkyDrive は、無料で 25GB の容量を利用できる Windows Live のサービス。 非常にお得で便利なサービスですが、ファイルのアップロードおよびダウンロードを行う場合に、都度 Webブラウザを起動してSkyDrive のページへアクセスする必要があり少し不便です。

SkyDrive Explorer は SkyDrive をエクスプローラへ統合することで仮想ドライブ化でき、いちいちブラウザを開く必要もなく、普通のドライブと同じ感覚で利用できます。

SkyDrive は Windows Live のアカウント1つにつき 25GB を利用できますが、50 MB 以上のファイルの利用はできません。

  • SkyDrive Explorer
  • 制作者   : SkyDriveExplorer.com
  • 言語    : 日本語表示
  • 対応OS  : XP/Vista/7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
SkyDrive Explorer
SkyDrive Explorer Screenshot
SkyDrive Explorer 主な機能・特徴
  • マイクロソフトのオンラインストレージサービス SkyDrive を仮想ドライブ化
  • 25GB のドライブとしてエクスプローラ上から直接アクセス
  • 新しいルートフォルダおよびサブフォルダの作成
  • フォルダの削除・コピー、ショートカットの作成
  • ファイルの移動・削除・コピー
  • ドラッグ&ドロップでファイル操作
  • ファイルやフォルダの名前変更
  • クリップボードにURLをコピー
  • 最新バージョンの自動チェック
  • 双方向言語をサポート
  • 表示を日本語化可能
SkyDrive Explorer 使用方法

SkyDrive を利用するには Windows Live のアカウント ID が必要になります。 既に Hotmail、Messenger、または Xbox LIVE のアカウントを持っていれば、それを Windows Live ID として使用できます。 無い場合は新たに作成。

未取得の場合は Windows Live ID の新規登録 より作成。
SkyDrive
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
デフォルトでは 「C:¥Program Files」 にインストールされます。
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。

Sponsored Link

使い方
インストールが完了するとマイコンピュータのその他に、 SkyDrive Explorer と表示されたフォルダ(ドライブ)が作成されています。
SkyDrive Explorerの説明①
SkyDrive Explorer をダブルクリックしてアクセスすると Windows Live のサインイン画面が表示されます。 ここで Windows Live のID とパスワードを入力し、[Sing In]をクリックすれば SkyDrive へアクセス出来ます。
SkyDrive Explorerの説明②
SkyDrive Explorer にアクセスすると 「My Documents」 や 「Favorites」 など幾つかのフォルダが用意されています。 また、ツールバー右上部の 「Sign out」 でサインアウト、 「Language」 で表示言語の変更ができます。
SkyDrive Explorerの説明③
表示言語を日本語に変更。 「My Documents」 は 「マイ ドキュメント」 に変わりました。
SkyDrive Explorerの説明④

あとはフォルダを作成したり、ファイルをコピーしたりと普通に使えます。

SkyDrive 内でのファイル移動やファイルのプロパティ閲覧には未対応。
SkyDrive Explorerの説明⑤
雑感

SkyDrive Explorer はブラウザから SkyDrive のページへアクセスせずに SkyDrive が扱えて便利ではあります。

ただし、エクスプローラから扱えるだけで、 SkyDrive Explorer フォルダ内の MP3 ファイルにアクセスして曲を聴く、 JPEG を開いて画像を見る、 FLV ファイルの動画を観る、といったことは出来ません。

あと複数のファイルが入ったフォルダの移動が出来ればもう少し便利ではあります。

SkyDrive のページでは画像をスライドショーで閲覧できます。

SkyDrive Explorer 解説サイト
k本的に無料ソフト・フリーソフト
SkyDrive を、仮想ドライブとしてマウントできるようにする!「SkyDrive Explorer」。
DS PSP初心者用講座
SkyDriveをローカルドライブとして操作できる SkyDrive Explorer v1.4
Sponsored Link

コメントを残す