OperaTor

Sponsored Link
OperaTor 概略

OperaTor は USB に入れて持ち歩ける匿名ブラウザ。

匿名プロクシの Tor と Portable Opera がセットになったもので、 OperaTor はインストール不要で利用できます。

基本機能は Portable Opera と同等。 匿名性確保のためプロキシ経由でアクセスするため、利用環境によっては Web サイトの読み込みに多少時間がかるかもしれません。

OperaTor を使えば匿名ネットサーフィンがどこでも簡単にできます。 また、ひと工夫で日本語表示も可能。

  • OperaTor
  • 制作者   : ARCHETWIST
  • 言語    : 英語
  • 対応OS  : ALL
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
OperaTor
OperaTor Screenshot
OperaTor 主な機能・特徴
  • 匿名で Web サイト閲覧が可能
  • Portable Opera と同等の機能
  • Portable Opera ベースの為、インストールの必要がなく USB 等に入れて持ち歩ける
OperaTor 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
アンインストールはフォルダごと削除でOK。

Sponsored Link

使い方

今回は USB に解凍後の Operator フォルダを設置。

songbird さんで紹介されている方法で OperaTor を日本語化。

Operator フォルダ → Operaフォルダ → opera.exe 右クリック → プロパティで実行ファイルのバージョン確認。(ここでは10.52)
OperaTorの説明1
Opera browser language files にアクセスして、 Japanese 欄のバージョン 10.5 をクリックしダウンロード。
OperaTorの説明2
ダウンロードした 「ouw1050_ja.lng」 ファイルを OperaTor フォルダへ移動。
OperaTorの説明3
OperaTor を起動して左上の 「Menu」 → 「Settings」 → 「Preferences」 を選択。
OperaTorの説明4
「General」 タブで [Detals] をクリック。
OperaTorの説明5
「Choose」 で先ほど移動した 「ouw1050_ja.lng」 を選択 → [OK] をクリック。
OperaTorの説明6
以上で日本語表示できるようになりました。
OperaTorの説明7
確認くんで IPアドレスが変わっているか確認。
OperaTorの説明8

IP アドレスが変わっていない場合、 「設定」 → 「クイック設定」 → 「プロキシサーバーを有効にする」 や、 「設定」 → 「設定」 → 「詳細設定」 タブの 「ネットワーク」 → [プロキシサーバー] 、 「設定」 → 「クイック設定」 → 「Opera Turbo を有効にする」 等を調性してみてください。

上記例では、現在接続している場所(現IP)が 「64.255.180.67」 となっているので、場所がどこなのか確認してみます。

IP-address.com にアクセスするとこの IP アドレスの住所はノルウェー首都オスロと表示されました。
OperaTorの説明9

以上のように、ブラウザインストール不要で簡単に匿名ネットサーフィンができます。

雑感

匿名ブラウザといえば、以前使用した XeroBank Browser は Tor と Portable Firefox のセットでした。 どちらも USB に入れて持ち歩くことができ、特に面倒な設定をすることもなく、匿名化できるので便利です。

XeroBank Browser は起動がもっさりしてましたが、この OperaTor では感じませんでした。 また、 Web 閲覧もそれほど重い感じはしません。 Opera に違和感のないユーザーにはこの OperaTor はお薦めです。

OperaTor 解説サイト
教えて君.net
インスト不要なTor+Operaブラウザ「OperaTor」
Sponsored Link

コメントを残す