surfclarity

Sponsored Link
surfclarity 概略

surfclarity は検索結果から特定サイトを除外して表示する Firefox のアドオン。

自分にとって不要なサイトのドメインを surfclarity に登録すると、不要サイトを除外した状態で検索結果を表示します。 対応しているのは Google 検索、 Google ニュース検索、 Yahoo! 検索(usのみ)。

除外登録したサイトの一部ページやカテゴリを表示したい場合、設定画面の 「Exceptions」 で該当する URL を登録すると、そのページは検索結果に反映され表示されます。

二度と見ることはないであろう不要サイトを登録しておけば、無駄な確認をする必要もなくなり検索効率も上がるでしょう。

2011/10/14 このアドオンは現在利用できないようです。

  • 制作者   : Nick Moore
  • 言語    : 英語
  • 対応OS  : ALL
  • ライセンス : フリーソフト
surfclarity Screenshot
surfclarity 主な機能・特徴
  • 検索結果から特定サイトを除外して表示
  • Google 検索、 Google ニュース検索、 Yahoo! 検索(us)対応
  • 除外登録したサイトの一部(ページ、カテゴリなど)を検索結果に表示可能
surfclarity 使用方法

Firefox インストール済みとして説明。

Firefox のアドオンサイトに行き、エンドユーザライセンス契約に同意してインストール。
インストールが完了すると上部メニュー [ツール] → [surfclarity] 、下部ステータスバー [surfclarity] が表示される。

不要サイト登録は以下の手順。

[ツール] → [surfclarity] → [Enabled] をクリック後、 [Preferences] をクリックする、もしくはステータスバー [surfclarity] をクリック後、左上 Status の [Enabled] にチェック。

  1. 画面左 「Filters」 の Filter: 欄に除外するドメインを入力。
  2. [Add] をクリック。
  3. [Save] をクリック。

仮に当 AnswerTaker は除外したが、カテゴリは表示させたいといった場合は以下の手順。

  1. 画面右 「Exceptions」 の Filter: 欄に除外対象外のドメインを入力。
  2. [Add] をクリック。
  3. [Save] をクリック。

「Filters」、「Exceptions」 共に、登録したドメインを選択して [Remove] をクリックすると削除できます。

雑感

何かを調べたい(ほぼ PC 関連)ときは、ネット検索で解決方法やヒントが見つかるまでしつこく調査。 誰かに聞けば速く解決するかも知れませんが、自分で調べて問題(不具合など)を解決できると大変嬉しいので、キーワードを少しずつ変えながら解決の糸口を見つけるようにしています。 そう言えば過去ネットで質問したのは、 WP プラグイン作者に1回、あるツールのフォーラムに1回だけ。

しかし、最近は自分が必要とする情報になかなかたどり着けないことも多く(以前よりヒットしない)、先日も jQuery のあるプラグインを調査中、フィード系まとめサイトやソーシャルブックマーク、ランキングサイトなど、いらない情報がウジャウジャ。 最終的に必要な情報は手に入りましたが、長時間の検索でかなり疲弊しました。

Google 検索はキーワードの直前にマイナス記号 「-」 をつけたり、検索オプションで 「キーワードを含めない」 もできますが、検索の度に設定するのは面倒です。 surfclarity で不要サイトの登録を一度やっておくと、そのサイトを一生見なくて済むので大変便利。 Firefox 使いにはお薦めです。

今は Feed の記事タイトルだけ変える方法、PS3 Media Server と無線 LAN をゴニョゴニョ調査中。  なかなか欲しい情報に当たりません orz。

surfclarity 解説サイト
Mozilla Re-Mix
Googleの検索結果に表示したくないドメインを設定できるFirefoxアドオン「surfclarity」
Sponsored Link

2 thoughts on “surfclarity

  1. komiyanさん

    コメントありがとうございます。

    “自分にとって意味の無い検索結果を排除し早く必要な情報にたどり着ける” 本当その通りですね。

    私が検索下手なのもあるかもしれませんが、最近特にヒットしづらくなってるような気がします。

  2. しかし、最近は自分が必要とする情報になかなかたどり着けないことも多く(以前よりヒットしない)、先日も jQuery のあるプラグインを調査中、フィード系まとめサイトやソーシャルブックマーク、ランキングサイトなど、いらない情報がウジャウジャ。 最終的に必要な情報は手に入りましたが、長時間の検索でかなり疲弊しました。

    探していた情報に近いページにやっとこさたどり着く事が出来ました。ありがとうございます。検索エンジンの何が便利なのかさっぱり疲弊してしまってわからなくなってます。
    ユーザーそれぞれが必要な情報を「簡単な操作で」自分にとって意味の無い検索結果を排除し「早く必要な情報にたどり着ける」日が早く来ないかなと切望しています。

コメントを残す