OneMailCheck

Sponsored Link
OneMailCheck 概略

OneMailCheck は特定の相手からのメールだけを知らせることができるメールチェッカー。

今すぐに必要な重要メール、後で読めばよいメール、別に読まなくてもよいメールなど、日々多くのメールが送られてきます。 OneMailCheck は重要なメールだけ通知することが可能なメールチェッカーです。

登録できるメールアカウントは 10件で、接続方法は POP3 / APOP / SSL から選択可能。 登録したメールアカウントに送付されたメールをチェックし、指定したキーワードに合致するものがあった場合、BEEP音や WAVE再生(自分で用意)、キーボードランプの点滅、タスクトレイアイコン点滅、ポップアップ(受信内容を画面表示)などで通知してくれます。

登録アカウント1つにつき、指定できるキーワードは最大で 30件。 特定相手のメールだけでなく、受信メールの全件チェックも可能です。

動作には .Net Framework 2.0 以上が必要。

  • OneMailCheck
  • 制作者   : Start Up Page
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : XP/Vista/7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
OneMailCheck
OneMailCheck Screenshot
OneMailCheck 主な機能・特徴
  • 特定の着信メールだけを通知
  • メールアカウントは最大 10件登録可能
  • 登録アカウント1つに指定キーワードを最大 30件登録可能
  • 接続方法は POP3 / APOP / SSL の3種
  • BEEP音、 WAVE再生、キーボードランプ点滅、タクトレイアイコン点滅、受信内容画面表示で受信を通知
  • CPU 使用率が高い場合の通知設定
  • 受信メールの全件チェックも可能
  • 受信メールの送り主、件名を表示
  • OneMailCheck 起動時のパスワード設定
  • 受信情報/エラー情報の表示
  • 通信ログの保存
  • メーラー等、他アプリとの連携
  • スタートアップへの登録機能
  • 64bit対応
  • インストール不要
OneMailCheck 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
アンインストールはフォルダごと削除でOK。

Sponsored Link

使い方

はじめに OneMailCheck に登録するメールアカウントを設定します。 OneMailCheck をダブルクリックで起動。

タスクトレイのアイコンを右クリックして、 「設定画面を起動」 を選択。
OneMailCheckの説明1
図はサーバー設定画面。 例としてYahoo!のメールアカウントで説明。
OneMailCheckの説明2
  1. 登録名称を記入。
  2. Yahoo!の受信メールサーバーアドレス 「pop.mail.yahoo.co.jp」 を記入。
  3. ポート番号を記入。デフォルトは 110、SSL にチェックを入れると自動で 995 となる。
  4. Yahoo!アカウントのユーザー ID を記入。
  5. Yahoo!アカウントのパスワードを記入。
  6. 接続方法を POP3, APOP, SSL から選択。 例では SSL を選択。
  7. メールチェック方法を選択。 キーワードを使う場合は 「キーワードを含む」 にチェック。
  8. 自動チェック方法を選択。 デフォルトは自動、チェック間隔は 10分。
  9. WAVE 音声ファイルを使う場合は、 [選択] をクリックして WAVE ファイルを指定。 例は未指定。
  10. 受信結果の表示文字色を選択。
  11. 設定の使用で 「する」 にチェック。
  12. サーバーへの接続テストで [接続テストの開始] をクリック。
  13. 問題なければ、 [設定を保存する] をクリック。

SSL はメールの内容を判読できないようにする業界標準の暗号化技術。
詳しくはこちらへ IT用語辞典

次に 「キーワード設定」 タブに移動し、登録名称、キーワード(メールアドレスなど)等記入し、「有効」にチェック。 もう一度 [設定を保存する] をクリック。
OneMailCheckの説明3

例の Yahoo!アカウントには、1件のメールアドレスのみ登録した。

これは Gmail での設定。 Gmail の受信メールサーバーアドレスは 「pop.gmail.com」 。 メールチェック方法は 「全件」 にした。
OneMailCheckの説明4

OneMailCheck設定画面の [アプリ設定] をクリック。

ここでは、 BEEP音、キーボードランプ点滅、スタートアップに登録する等の起動時設定、受信結果・エラー情報の表示非表示などの設定ができる。
OneMailCheckの説明5
アプリ設定の 「その他」 タブではメーラー等の外部アプリ、アイコン、マウスの設定が可能。
OneMailCheckの説明6

プロバイダのメールアカウントを登録する場合は、指定の POP3 サーバー、ポート番号、接続方法などをよく確認してください。

雑感

先日、さるお方からキツイお達しがありまして、指摘された問題点とその関連を修正して連絡をしたのですが、3日たてど、10日たてど連絡が来ない。

もう一度お達しのあった文面を目を皿のようにして読み返し、 「ひょっとすると、コレもコレも?」 という気になるところがあったので、それらを修正して再連絡したら、有り難いことに再連絡から3日後にお許しがでました。 もうダメかもと諦めていたので、本当に嬉しかった。

で、そんなときに思ったのが、重要なメールの連絡だけ通知してくれるメールチェッカーがあると、頻繁にメールチェックしなくて済むなと。 だからこの OneMailCheck はズバリその機能が使えるメールチェッカーということで、今後重宝しそうです。

ちなみに OneMailCheck を使い始めたのは、お許しがでたあとで、更にお許しのメールは深夜2時に受信していました。 その時間帯は PC 切ってるよ :cry:

解説サイト
田舎へ帰ろう!
イチ押しのメールチェックソフト
Sponsored Link

コメントを残す