GSface

Sponsored Link
GSface 概略

GSface は集合写真から顔の部分だけを自動で切り取るソフト。

jpg ファイルなどの画像ファイルから自動的に人物の顔を特定して切り出し、それらを新たなファイルとして生成します。 切り取った顔写真は縦横 50~200 ピクセルの範囲で指定でき、切り取った画像が設定より大きい場合は縮小、逆に切り取った画像が設定より小さい場合は拡大するといった設定ができます。

使い方も簡単で GSface 起動後、顔写真を切り取りたい写真を GSface のウィンドウにドラッグ&ドロップ、上部ツールバーの顔認識ボタンを押して数秒~数十秒まてば、右手カタログウィンドウに切り取られた画像が表示されます。 GSface に認識されなかった顔写真はマウスで範囲指定して手動で切り取ることもできます。 保存はまとめて保存と個別保存が可能。

また、環境が整っていれば使用中のパソコンに接続された WEB カメラなどから、ダイレクトな入力も出来る様になっています。

野球やサッカーチームの選手紹介、ママさんサークルのメンバー紹介などで顔写真を会報誌に掲載する、また携帯電話やメーラーのアドレス帳に顔写真を登録したいなどの用途に使うと便利。

  • 制作者   : G Style Garage
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : 2000/XP/Vista/7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
GSface Screenshot
GSface 主な機能・特徴
  • 集合写真などから顔の部分だけを自動判別し切り取り
  • 顔写真は縦横 50~200 ピクセルの範囲で指定可能
  • 切り取った画像が設定より大きい場合は自動縮小
  • 切り取った画像が設定より小さい場合は自動拡大
  • 顔認識しなかった部分を手動で切り取り可能
  • 簡単な操作性
  • 人物写真だけでなく銅像やイラストも自動認識(多人数が写った顔の小さな写真は認識されないこともある)
  • 切り取った画像はまとめて保存、個別保存が可能
  • 使用中のパソコンに接続された WEB カメラからダイレクト入力
GSface 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
アンインストールはフォルダごと削除でOK。

Sponsored Link

使い方
初めに切り取る顔写真の縦横比を設定します。 GSface 起動後、上部ツールバーの [GSface設定] ボタンをクリック。
GSface設定画面が表示されたら、カタログ画像の最大高さと最大幅、 「切り取った画像が下記より大きい場合は縮小する。」 と 「切り取った画像が上記より小さい場合は拡大する。」 にチェックを入れ [設定] をクリック。
  1. 顔写真を切り取りたい写真をメインウィンドウにドラッグ&ドロップし、上部ツールバーの [顔認識] ボタンをクリック。
  2. 右のカタログウィンドウに顔写真が表示されたらファイル名を入力。
  3. フロッピーマークの [保存] をクリック(個別保存)。

[Ctrl]キーを押すと元画像で顔として認識された部分が赤い枠で表示されます。

上記例では龍馬の顔しか認識されなかったので、中岡慎太郎は手動で切り取り。

マウスで切り取りたい範囲を指定し、キーボードの [Enter] キーを をクリック。
  1. 右のカタログウィンドウに顔写真が表示されたらファイル名を入力。
  2. 上部ツールバーの [まとめて保存] ボタンをクリック。(右カタログウィンドウに表示されている顔写真をまとめて保存できます。)
切り取った顔写真の保存先は GSface.exe のあるフォルダ。 保存先の変更はできません。
多人数で顔の小さな写真は認識されないこともあります。 図は幕末の怪しい集合写真。 桂小五郎となっている人物しか自動認識されませんでした。
雑感

概略のとおり、会報誌に顔写真入りのメンバー紹介を掲載したり、携帯に顔写真を登録したいときに使うと便利。 マニュアルはありませんが操作はいたって簡単です。

ちなみに最後の怪しい集合写真には勝海舟、坂本龍馬、中岡慎太郎、陸奥宗光、後藤象二郎、西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎、高杉晋作、伊藤博文、大隈重信、岩倉具視など、幕末のすごい方たちが一堂に会してます。 何故か明治天皇も。

フルベッキ写真 で検索すると色々でてきますが、まぁロマンということで。

Sponsored Link

コメントを残す