Media Player Classic Home Cinema

Sponsored Link
Media Player Classic Home Cinema 概略

Media Player Classic Home Cinema はフリーソフトでありながらブルーレイの再生ができるマルチメディアプレイヤー。

軽快動作の定番マルチメディアプレイヤー、 Media Player Classic の派生版で、32bit 及び 64bit の Windows(XP/ Vista/ 7) に対応。

再生可能な動画ファイルは、Blu-ray, DVD, MPEG, AVI, WMV, MP4, DivX, MKV, H.264, FLV, FLASH, MOV、 音声は CD, MP3, WMA, MIDI, AC3, DTS 等、多くの動画・音声フォーマットに対応しています。

内部フィルタ(コーデック)が対応していない動画フォーマット、対応していても動作が重かったり、うまく再生しない動画は、別途コーデックパック(K-Lite Codec Pack 、 CCCP 等)を導入することでスムーズな再生が可能となります。

再生画面で操作できる機能は、再生/一時停止/停止/再生速度減少・増加/前へ・次へ/コマ送り/ボリューム調整/フルスクリーン/拡大・縮小など。 この他、 Aero 環境(Vista/7)で動画を再生する EVR 機能、DXVA を使った GPU の動画再生支援機能(MPEG-2, H.264, VC-1 )、キャプチャー機能、音ズレ補正等、多くの機能を搭載。

フリーソフトでありながら、ブルーレイの再生ができる大変お薦めのプレイヤーです。

  • Media Player Classic Home Cinema
  • 制作者   : mpc-hc.sourceforge.net
  • 言語    : 日本語表示
  • 対応OS  : XP/Vista/7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
Media Player Classic Home Cinema
Media Player Classic Home Cinema
Media Player Classic HC 主な機能・特徴
  • 再生可能な動画ファイルは Blu-ray, DVD, MPEG, AVI, WMV, MP4, DivX, MKV, H.264, FLV, FLASH, MOV など
  • 再生可能な音声ファイルは CD, MP3, WMA, MIDI, AC3, DTS など
  • 外部コーデックを追加可能
  • Aero 環境(Vista/7)で動画を再生する EVR 機能
  • DXVA を使った GPU の動画再生支援機能
  • 画面をキャプチャーして保存
  • サムネイル画像を作成保存
  • 音ズレ補正機能
  • お気に入り動画を追加/整理
  • プレイリスト機能
  • シェーダ機能
  • 各種設定を ini ファイルに保存可能
  • プロセスの優先度変更
  • キーバインド(キーボード)での操作が可能
  • 32bit, 64bit 対応
  • 日本語表示に対応
Media Player Classic Home Cinema 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
今回は installer 版の 64bit をチョイス。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
初めに 「日本語」 を選択し、特に問題なければ [次へ] を繰り返してインストールします。
Media Player Classic Home Cinemaの説明1
インストール後、 「最新の DirectX ランタイムはインストールされません!」 とメッセージが出た場合は Microsoft より最新版をダウンロードしてインストール。
Media Player Classic Home Cinemaの説明2
アンインストール
コントロールパネルのプログラムのアンインストールより。

Sponsored Link

使い方

インストール後、いくつか必要な設定を行う。

上部メニューより [表示] → [オプション] を選択。
Media Player Classic Home Cinemaの説明3
  1. 左メニューで 「プレイヤー」 → 「関連付け」 を選択。
  2. [動画] [音声] [すべて] のいずれかをクリックすると、対応する拡張子にチェックが入る。
  3. [適用] をクリック。
  4. [OK] をクリック。
Media Player Classic Home Cinemaの説明4

動画ファイルクリック時のフルスクリーン再生。

  1. [オプション] → [フルスクリーン] 選択。
  2. 「フルスクリーンでファイルを開く」 にチェック。
  3. [適用] をクリック。
  4. [OK] をクリック。
Media Player Classic Home Cinemaの説明5

必要であれば 「フルスクリーンモニターモードの自動変更」 等もチェック。

DXVA(GPU を利用した動画再生支援機能)を使う場合。

  1. [オプション] → [再生] → [出力] 選択。
  2. Vista/7 は EVR, EVR カスタムプレゼンタ, EVR Sync のいずれかにチェック。
  3. [適用] をクリック。
  4. [OK] をクリック。
Media Player Classic Home Cinemaの説明6

XP の場合は、オーバーレイミキサ, VMR7, VMR9, VMR9 のいずれかだそうです。

インストール時にインストーラ版を使った場合は、対応した OS でチェックが入っているかもしれません。

外部フィルタを使う場合は、[オプション] → [外部フィルタ] を選択し、 [フィルタの追加] で使用したい外部フィルタを指定。 同等の内部フィルタは無効にする。
Media Player Classic Home Cinemaの説明7
再生画面での基本操作は以下(左から)。
Media Player Classic Home Cinemaの説明8-1
  1. 再生。
  2. 一時停止。
  3. 停止。
  4. 前へ。
  5. 再生速度減少。
  6. 再生速度増加。
  7. 次へ。
  8. コマ送り。
  9. ミュート。
  10. 音量調整。
画面のキャプチャは [ファイル] → [画像を保存] 、もしくはキーボードの [Alt] + [I] でキャプチャ可能。
Media Player Classic Home Cinemaの説明9-1
動画の各種シーンのサムネイル画像は、 [ファイル] → [サムネイルを保存] で実行。
Media Player Classic Home Cinemaの説明10-1
雑感

ブルーレイが再生できるフリーソフトって、この Media Player Classic Home Cinema 以外あるんだろうか? そう考え海外のサイトを覗いてみましたが、私の探し方が悪いのか、結局見つけられませんでした。

と、いうことでブルーレイが再生できるフリーのマルチメディアプレイヤーは私の中ではコイツだけということで、評価は以下のように。

Excellent

操作も簡単、動作も軽快と文句なしです。

Media Player Classic HC 解説サイト
k本的に無料ソフト・フリーソフト
多形式に対応した使いやすいマルチメディアプレイヤー!「Media Player Classic – Homecinema」
Kenのムービー計画
MPC HomeCinemaのBD再生機能
Ψ(`∀´)Ψケケケ と (´・ω・`)ショボーン
【動画プレーヤー】軽快に動画を再生できるMPC – HomeCinema【軽快】
Sponsored Link

コメントを残す