SoundEngine

Sponsored Link
SoundEngine 概略

SoundEngine は音声やサウンドの編集をおこなう 2ch(ステレオ)音声波形編集ソフト。

WAVE ファイル等の削除、切り取り、コピー、貼り付けといった基本的なものからサンプリング周波数・ビット・チャンネル変換など応用的なものまでおこなうことが可能です。

  • SoundEngine
  • 制作者   : Cycle of 5th
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : 98/Me/NT/2000/XP/Vista
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
SoundEngine
SoundEngine Screenshot
SoundEngine 主な機能・特徴
  • WAV(PCM, サウンドカードがサポートするサンプリング周波数,8/16/24bit)、
    その他(GOGO.DLL、VBMP3.DLL、AKRIP.DLLに対応、SoundEngineコマンドライン)のフォーマットに対応
  • 削除、切り取り、コピー、貼り付け、サンプリング周波数、ビット、チャンネル変換と多彩な編集機能
  • 30以上のエフェクター
  • エフェクターの効果を聴きながら調整するリアルタイムプレビュー
  • 再生時、録音時に音量を棒グラフで表示するレベルメーター
  • 音声波形の周波数特性と位相を測定するスペクトラムアナライザー、
    位相チェッカー
  • 次回開く時により高速に開く波形描画キャッシュ
  • 録音の開始時刻・終了時間を指定可能
  • 複数処理のバッチ化、複数ファイルのバッチ処理する SoundEngine スクリプト
  • 外部コマンドライン実行ファイルを使用可能
SoundEngine 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
途中で 「JWord」 のインストールを聞いてきます。 不要なら [いいえ] を選択。
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。

SoundEngine で MP3 を編集するには、 SoundEngine フォルダ内にある 「bin」 フォルダに 「VBMP3.dll」 と 「GOGO.DLL」 を入れる必要があります。 【備考】 にそれぞれのダウンロード先のリンクがありますので必要であればインストールして下さい。
「GOGO.DLL」 は、高性能国産エンコーダー 「午後のこ~だ」 のフォルダ内にあります。

Sponsored Link

使い方
MP3 に対応済みと仮定して、必要な部分の簡単な切り抜きを説明します。
SoundEngineの説明
  1. 図のように SoundEngine を起動したら [ファイル] ⇒ [開く] から編集するファイルを選択。 今回は MP3 ファイルを指定。
  2. 音声の切り取りは、残したい箇所の最初から最後の箇所までをドラッグ。
  3. ドラッグした状態で [右クリック] ⇒ [その他の編集] ⇒ [切り抜き] を選択すると、ドラッグした箇所以外が削除されます。
  4. 保存は [ファイル] ⇒ [名前を付けて保存] をクリック。
  5. ダイアログが表示されたら、保存場所を指定して 「ファイル名」 を記入。 最後に [保存] をクリックします。 この時 [ファイルの種類] を WAV ではなく MP3 に指定した場合 [午後のこ~だ設定] ダイアログが表示されます。 必要であれば 「エンコードモード」 や 「ビットレート」 を指定して [OK] をクリックします。
  6. 指定した保存場所に、切り取った WAV もしくは MP3 ファイルが保存されます。
雑感

今回は単純に音声の切り抜きだけやりたかったのですが、このソフトは驚くほど高機能ですね。 他にもあんなことやこんなこと、そんなことまで出来てしまいます。

当然、携帯電話の音声もゴニョゴニョできそうです。 高機能すぎて私のレベルでは、全部を使いこなすのは難しいでしょうが、操作は意外と簡単でした。 音声ファイルの加工をするなら入れて間違いないソフトでしょう。

備考
k本的に無料ソフト・フリーソフト
VBMP3.dll Ver 1.615 のダウンロードが出来ます。
@MARINECAT
「午後のこ~だ」 開発者 「PEN@海猫」 さんのサイト。
Sponsored Link

コメントを残す