Audiograbber

Sponsored Link
Audiograbber 概略

Audiograbber は複数 CD の音量をノーマライズ(音量均一化)してお気に入りのオリジナル CD を作成できるソフト。

通常同一 CD 内のトラックは、ほぼ等しい音量で録音されているので、その CD だけ聞いてる限りでは、音量のバラツキが気になる事はほとんどありません。 しかし異なる CD から自分のお気に入りの曲だけ集め、オリジナルトラックを作成すると、 CD ごとに録音音量が違うこともあるため、音が大きい曲、小さい曲が混在したトラックが出来上がります。 Audiograbber はバラツキのある音量を均一にするノーマライズ機能を搭載しているので、自分で焼く全ての CD 、全てのトラックを同じ音量にすることができます。

Audiograbber はノーマライズ機能のほか、CD からのリッピング(Waveで保存)、LAME MP3 DLL 等でのエンコード(MP3に変換)、無音部分の自動削除、 M3U リストの作成、 CD-TEXT 情報の取得、 Freedb からアルバム情報をダウンロード、 Freedb にアルバム情報送信、 ID3v1 と ID3v2 の設定・編集、リッピング/エンコード終了後外部 MP3 プレイヤーで再生、リッピング/エンコード終了後 PC シャットダウン等、多くの機能を搭載しています。

複数の CD から自分のお気に入りの曲だけを集め、オリジナル CD を作成するときに便利。

ノーマライズは CD からリッピング(Wave に変換)で可能となります。 ダイレクトにエンコード(MP3へ変換)した場合はノーマライズされません。

Audiograbber
Audiograbber Screenshot
Audiograbber 主な機能・特徴
  • CD から音楽情報を吸い出し(リッピング) HDD に Wave ファイルとして保存
  • リッピング中、または吸い出した後の Wave ファイルをノーマライズ(音量均一化)
  • 最大音量、平均音量、圧縮率 等による拡張ノーマライズ
  • 内部エンコーダ(LAME MP3 DLL,BladeEnc’s MP3 DLL等)、外部エンコーダ(午後のこ~だ,Monkey’s Audio,FAAC,OGG Vorbis等)を利用して MP3 や WMA に圧縮可能
  • CD からダイレクトにリッピング → エンコード(MP3,WMA)可能
  • 無音部分の自動削除
  • チェックサムによるファイル比較
  • リッピング時に WINASPI経由、MSCDEX経由、アナログなど細かい設定が可能
  • トラックリストをクリップボードにコピー
  • トラックリストの更新・解析
  • CD+G でカラオケを読み出し
  • CD-TEXT を表示・取得
  • Freedb からアルバム情報を取得
  • CD を Freedb 紹介リストに登録
  • アルバム情報を Freedb に送信
  • ID3v1、ID3v2 設定・編集
  • M3U リスト作成
  • リッピング/エンコード終了後外部 MP3 プレイヤーで再生
  • リッピング/エンコード終了後 PC シャットダウン
  • Line in から録音可能
  • ほぼ全ての CD-ROM ドライブに対応
Audiograbber 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
「U.S. English」 を選択して [OK] をクリック。
Audiograbberの説明1
デフォルトでは 「C ドライブ」 直下にインストールされます。 ここでかまわない方はそのままインストール。 「C ドライブ」 直下が嫌な方は [Browse] をクリック。
Audiograbberの説明2
この例では Program Files 内の Multimedia フォルダにインストールするよう設定。 [Next] でインストール開始。
Audiograbberの説明3
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。

Sponsored Link

日本語化

日本語表示にして使う場合は、 Audiograbber日本支部 Vector前出張所 さんのところに用意してある Audiograbber日本語化セット バージョン 1.82 用をダウンロードし解凍。

Audiograbber の本体バージョンは 1.83 ですが、 1.82 用の日本語ファイルを適用してもなんら問題ありません。  Audiograbber日本支部 Vector前出張所 さんに記載されているとおり、 1.82 と 1.83 の違いは 1.83 からフリーソフトになったというだけです(以前はシェアウェア)。

解凍後、 ag182jpn フォルダ内の 「Japanese.lng」 、「Audiograbber.hlp」、「Audiograbber.cnt」 の 3ファイルをコピーし、本体のある 「audiograbber」 フォルダに移動。
Audiograbberの説明4

Audiograbber を起動すると日本語表示になっています。
もし日本語になってない場合は、 Audiograbber のメニューから 「File」 → 「Choose Language」 で 「Japanese」 を選択。

使い方

例として、1枚の洋楽 CD をリッピング → エンコード(MP3) します。

初期設定として、 MP3 に変換後のファイルの保存先、エンコーダの指定、曲情報の自動取得等の設定をおこなう。 まずは、 [設定] → [一般設定] をクリック。
Audiograbberの説明5
  1. MP3 ファイルの保存先を指定。
  2. ファイル名の書式にチェック。
  3. サブディレクトリの保存方法を指定。
  4. CD-ROM へのアクセス法を指定(基本触らなくてよい)。
  5. [OK] をクリック。
Audiograbberの説明6

ここでは 「ファイル名」 タブのみ設定しました。 必要があれば 「無音部分」 や 「オフセット」 、 「見積もり速度」 などの設定も行ってください。

MP3 への変換は、内部、もしくは外部のエンコーダを使用します。 エンコーダを持っていないなら、 Audiograbber 推奨の LAME MP3 DLL をダウンロードして解凍後、中にある 「lame_enc.dll」 ファイルを Audiograbberr 本体のあるフォルダにコピーします。

以下のリンクよりダウンロードできます。
LAME 3.98.4

必要なファイルは 「lame_enc.dll」 だけです。
Audiograbberの説明7

次に、メニューから [設定] → [MP3設定] を選択。 直接 MP3 のアイコンクリックでもOK。

  1. 行いたい吸い出し方法にチェック。
  2. タグ使用、情報付加にチェック。
  3. 使用する内部 or 外部エンコーダを指定。
  4. 可変 or 固定ビットレート指定。
  5. [OK] をクリック。
Audiograbberの説明8

この例では Wave ファイルを作成してエンコード(MP3化)し、その後 Wave ファイルを削除、内部エンコーダに上記の LAME MP3 DLL 、固定ビットレート 192kbit/s に設定。

更にノーマライズを設定します。 メニューから [設定] → [ノーマライズ設定] を選択。 直接 音量 のアイコンクリックでもOK。

  1. 「ノーマライズを行う」 にチェック。
  2. 最大音量 or 平均音量のどちらかを指定。(例は最大音量)
  3. [OK] をクリック。
Audiograbberの説明9

1枚のみを変換する場合、本来ノーマライズは不要です。(手順説明で入れてるだけ)

ここまでで、保存先や使用エンコーダ、ノーマライズの設定はできてますが、アルバムの情報が設定されていません。 アルバム情報の設定はメニューの [設定] → [Freedb の設定] 、もしくはペンギンの Freedb アイコンをクリックすると Freedb からアルバの情報を取得し、トラックに反映されます。

このケースでは情報が2つあったので正しいとおもわれる方を選択。
Audiograbberの説明10
図のようにアーティスト名、アルバムタイトル、曲のタイトル、ジャンル、西暦(発売年)が反映されます。
Audiograbberの説明11

Freedb からの曲情報取得は日本語のアーティスト名、アルバムタイトル、曲のタイトルが文字化けします。 これについては後述する別ソフトで対応。

これで全ての設定が完了したので、リッピング → エンコードを行います。 吸い出しの手のアイコンクリックで処理スタート。

リッピング + エンコード中の画面。 処理はエンコーダや CPU 、メモリーとうに依存する。
Audiograbberの説明12

クドいようですが、 CD 1枚だけのエンコードならノーマライズは不要です。

エンコード(MP3変換)が無事終了すると、 「Infomation」 に成功・チェックサムが表示されます。 演奏時間 58分40秒の CD を 5分59秒で処理。
Audiograbberの説明13
保存先として指定したフォルダにアーティスト名のフォルダが作成され、中に曲のタイトル等明記された MP3 ファイルが出来上がっています。
Audiograbberの説明14

以上が Audiograbber の基本的な使い方です。

複数の CD からオリジナル CD 作成

ここからは Audiograbber の目玉機能であるノーマライズを使い、複数の CD からお気に入りの曲をセレクトして、自分だけのオリジナル CD を作成してみます。

用意したのは 3枚の邦楽 CD 。

Audiograbber は終了後も一般設定や MP3 設定で設定した内容がそのまま残っています。 今回は Wave の吸い出しを先にやるので、 MP3 とノーマライズのチェックは外しておきます。
Audiograbberの説明15
Freedb の設定 で 「freedb に自動接続にチェック」 を入れておくと、ドライブに CD を挿入するだけで自動でアルバム情報を取得してくれます。
Audiograbberの説明16
このように邦楽の場合はアーティスト名や曲名が日本語だと 「???」 で文字化けする。
Audiograbberの説明17
文字化け状態だがアルバムの情報が取得されたら、吸い出しの手のアイコンをクリック。 この時点ではノーマライズ、エンコード(MP3変換)は行わない。
Audiograbberの説明18

リッピングが終わったら、 次の CD を入れ3枚とも吸い出す。

すべての吸い出しが終わったら [更新] をクリックして何もない状態にし、先ほど吸い出した Wave ファイルをドラッグ&ドロップする。
Audiograbberの説明19
ノーマライズ、エンコードを聞いてくるので [両方] をクリックすると処理スタート。
Audiograbberの説明20

「エンコード後に Wave ファイルを削除」 にチェックを入れておくと MP3 に変換後、Wave ファイルは削除されます。

エンコード、ノーマライズは先の設定と同じ。 LAME MP3 DLL 、固定ビットレート 192kbit/s 。 ここはお好みで変えて下さい。

ノーマライズ処理され、 MP3 に変換されたファイル群。 この状態だと何の曲かまったくわかりません。
Audiograbberの説明21

そこで、 Amazon.co.jp などよりタグ情報を取得できる、 Mp3tag を使用します。

  1. Mp3tag を起動したら、1枚分のアルバムをドラッグ&ドロップ。
  2. 曲を全て選択した状態で、 [タグ取得] → [Amazon.co.jp] をクリック。
  3. アルバム名が 「???」 の場合は正しい名称を入力して [次へ] をクリック。
  4. タグ情報が取得出来たら [OK] をクリック。
  5. 最後に [タグ – ファイル名] をクリックし [OK]をクリック。
Audiograbberの説明22

Mp3tag の詳しい使い方はここでは割愛。 リンクページで確認してください。 また、Mp3tag は Wave ファイルの読み込みはできません。  Wave が扱えるタグ編集ソフトを使えば必要な曲が先に分かるので、ノーマライズ/エンコード時間の節約ができます。

これでノーマライズされタグ情報も正確な MP3 ファイル群が出来上がりました。 あとはこの中から自分のお気に入りの曲をチョイスし CD に焼いたり、 iPod 等のデバイスへ入れるだけ。
Audiograbberの説明23
こんな感じで 10曲チョイスし、ファイル名とナンバリングを変更。
Audiograbberの説明24
ライティングソフトで焼けばオリジナル CD 完成。 ライティングはDeepBurner を使用。
Audiograbberの説明25

2005年から更新のない少し古いソフトですが、日本語化も可能で、かなり詳しいマニュアルも付いてます。 今回 OS は XP を使用。 

雑感

私の手持ち CD は古いものが多いので、 Audiograbber での認識は問題ありませんでしたが、最近の CD だとどうだかわかりません。 「出来ません、読みません。」 というコメが付く前に言っときます。 :mrgreen:

インターフェースもシンプルで、日本語化すれば更に扱いが簡単になります。 また、とても詳しい日本語マニュアルも用意されているので、躓いた場合はまずマニュアルを熟読して下さい。

さて、作ったオリジナル CD ですが、適当に曲をチョイスしたので、当然 織田哲郎 の BEST でもなんでもありません。 「え~!! その選曲はおかしいだろ。」 っていう方がひょとしたらいるかもしれないんでコレも前もって書いときます。  と、いうか 織田さんの CD を SONGS と合わせ現在 4枚しか持ってないんで BEST 版は作れない。 :mrgreen:

廃版になってる NIGHT WAVES や WILDLIFE 、Ships なんかを売らなきゃよかったとちょっと後悔。

Sponsored Link

コメントを残す