Avidemux

Sponsored Link
Avidemux 概略

Avidemux は複数のコーデックで様々な動画形式の変換・結合・カットができる動画編集ソフト。

AVI や MPEG-1 / 2 、 VOB 、 MPEG-4 、 FLV 、 OGM といった動画形式を他の動画形式に変換でき、動画の不要部分のカット、結合、色調補正やノイズ除去といった、動画の変換・編集に必要な様々な機能を実装しています。

また、読み込んだ動画を簡単に DVD や PSP 、iPod 用になるよう、自動で設定してくれる機能も。

Windows だけでなく、Mac OS X と Linux 、派生の Ubuntu 用の Avidemux もあります。

  • avidemux
  • 制作者   : Avidemux – Main Page
  • 言語    : 日本語表示
  • 対応OS  : 98/Me/2000/XP/Vista
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
Avidemux
Avidemux Screenshot
Avidemux 主な機能・特徴
  • 入力形式 : AVI、OpenDML、MPEG1/2、 VOB 、 NuppelVideo 、BMP 、JPEG 、H.263(+) 、MPEG-4 、 QuickTime 、3GP 、MP4 、FLV 、OGM
  • 出力形式 : AVI 、MPEG-2 PS(VCD/SVCD/DVD) 、MPEG-2 TS 、MP4 、 OGM へ変換
  • 内蔵ビデオコーデック : DV、CRAM、FFV1、H.263、H.264 (MPEG-4 AVC)、HuffYUV、MJPEG、MPEG-1/ MPEG-2、MPEG-4 SP/ASP、MS MPEG-4、Raw RGB、Raw YV12、SVQ3/ Sorenson Video Codec 3、VP3、VP6F、WMV2, WMV3 (VC-1)、Y800
  • 内蔵オーディオコーデック : MP3、 MP2、AC3、DTS、Vorbis、AMR Narrow Band、AAC
  • VCD、SVCD、DVD、PSP、PSP(H.264)、FLV、IPOD(mpeg‐4)へ自動変換
  • 動画の不要部分のカット
  • 同じ形式の動画同士の結合
  • ノイズ除去、シャープ、ぼかし、インターレース、色調補正、明るさ、コントラスト、フレームレート調整、映像回転、リサイズなどのフィルタ機能
  • 動画と音声のズレを補正
  • 動画から音声ファイルのみを抽出して保存
  • JPEG、 BMP の静止画像を保存
  • エンコード処理の優先度を「高い」、「普通以上」、「普通以下」、「普通」、「低い」から選択可能
  • 動画変換処理(エンコード)終了後PCを自動でシャットダウン
Avidemux 使用方法

Avidemux は 「GTK」 と 「Qt4」 の2種類あるが、今回は日本語表示で使える 「GTK+」 のインストーラ版を使用。

ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
デフォルトでは 「C:¥Program Files」 にインストールされます。
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。
インストール途中の Choose Components画面で、 「Additional Languages」 にチェックを入れると日本語表示になります。
Avidemuxの説明①

Sponsored Link

使い方

AVI(DivX)ファイルを PSP 用動画へ変換

  1. [開く] から変換する動画ファイルを選択。
  2. [自動] ⇒ [PSP(H.264)] をクリック。
  3. Auot Wizard が開いたら 「目標タイプ」、「入力元のアスペクト比」、「出力先のアスペクト比」を必要であれば変更し、 [OK] をクリック。
  4. 音ずれ防止のため 「ずれ」 にチェック。
  5. [保存] をクリックして保存するファイルの名前と拡張子(PSPなので「.mp4」)、保存先フォルダを指定。
  6. 最後に [保存] クリックでエンコードスタート。
Avidemuxの説明②
図はエンコード中の画面。
この画面上でエンコード処理の優先度を 「高い」、「普通以上」、「普通以下」、「普通」、「低い」 から選択できます。 また、処理終了後にPC自動シャットダウンの設定も可能。 エンコードが完了したら [OK] をクリック。
Avidemuxの説明③
動画のカット

  1. 動画を読み込んだ状態でシークバーを使いカットを始める先頭部分探し、[選択:始点]をクリック。
  2. 同じくシークバーを使いカット終了部分を探し、 [選択:終点] をクリック。
  3. 上部メニューの [編集] ⇒ [削除] をクリックすると不要部分のカット完了。
Avidemuxの説明④
動画の結合

  1. [開く] から結合する動画ファイルを選択。
  2. 次に結合するファイルを [ファイル] ⇒ [追加] で選択。 この作業を結合するファイル全てで繰り返す。
  3. フロッピーアイコンの [保存] をクリックし、ファイル名、拡張子、保存先を指定。
  4. 最後に [保存] をクリックすると結合が始まる。
Avidemuxの説明⑤

AVIファイルは画像サイズが異なると結合できないので、あらかじめ VirtualDubMod で分割したものを使用。

フィルタの指定
[映像] ⇒ [フィルタ] をクリックすると利用できるフィルタの一覧を表示。 フィルタはダブルクリックで有効に。
Avidemuxの説明⑥
各フィルタの詳しい説明は以下。
映像フィルタ – Kenのムービー計画
雑感

様々な動画形式を扱えるフリーの動画変換ソフトは、SUPER c や MediaCoder 、BatchDOO! など、そこそこあります。 

Avidemux がこれらのソフトと違うのは、カットや結合、フィルタ処理や再圧縮といった動画に必要な加工をオールインワンでやれること。

個人的にはカットは AviUtl に似てるので違和感なく使え、結合は VirtualDubMod の方が使いやすいかな、といった感じです。

今回は別の目的で Avidemux を入れてみましたが、それは結局出来ませんでした。 SUPER c 、 MediaCoder 、HandBrake も試して、出来たのは MediaCoder だけ。 ごちゃごちゃソフトを入れるのは嫌なので、動画の加工・編集・変換を Avidemux 1本に任せるか、ある目的に特化した専門ソフトに任せるかは使う人の考え方次第。 取りあえず、恐るべし MediaCoder とだけ言っておこう。

Avidemux 解説サイト
WindowsでAviDemux
AviDemuxの詳しい解説サイト
Kenのムービー計画
Avidemux:動画編集・変換ツール
Sponsored Link

コメントを残す