AviUtl

Sponsored Link
AviUtl 概略

AviUtl は AVI 形式の動画ファイルを加工・編集するソフト。

基本的な機能だけでも、動画のカットや結合、ノイズ除去、音声入れ替え、音ズレ補正、色調補正など、便利な機能が豊富に用意されています。

また、プラグインを追加することにより、AviUtl 単体で出来ない処理も可能になります。

  • AviUtl
  • 制作者   : AviUtlのお部屋
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : XP/Vista
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
AviUtl
AviUtl Screenshot
AviUtl 主な機能・特徴
  • AVIファイルの不要部分のカット
  • AVIファイルの連結
  • ノイズ除去、シャープ、ぼかし、リサイズ、ゴーストの除去、色調補正
  • 動画ファイルから音声ファイルをWAVで出力
  • 動画ファイルから音声の削除
  • 音ズレ修正&音量調整、音量の最大化
  • 出力時に指定の画像サイズへ変更
  • フレームレートの変更
  • インターレースの解除
  • プラグインでの機能拡張
  • コマンドラインでの処理
AviUtl 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
フォルダごと削除でOK。

Sponsored Link

使い方
簡単なカット方法は、 [ファイル] ⇒ [開く] 、もしくはドラッグ&ドロップでファイルを選択。
AviUtlの説明①
  1. 図①のシークバーをスライドしてカットを開始する位置を探します。
  2. 見つかったら②をクリックして切り取り開始部分を指定。
  3. 同じようにシークバーをスライドし終了位置が決まったら③を押して指定。
  4. 微調整は開始・終了共に、④で1フレームづつ行います。
  5. 出力される部分はスライドの 「青い」 部分です。
  6. [表示] ⇒ [再生ウインドウの表示] をクリックすると、簡易プレイヤーが表示されるので、切り取る部分の確認が出来ます。
  7. 次に [ファイル] ⇒ [AVI出力] をクリック。
  8. ファイルを保存する場所とファイル名を設定し、 [保存] を押せば処理完了。
[ファイル] ⇒ [AVI出力] で左下にある 「音声をWAV出力」 にチェックを入れておくと、AVIファイルとは別に WAVファイルも出力されます。
AviUtlの説明②
雑感

AviUtl は AVIファイルの編集では定番のソフトです。 いらない CM のカットなども簡単にできるので、初心者でも扱えるでしょう。 また、高度な編集も当然できるので中・上級者も納得のソフトです。

Sponsored Link

コメントを残す