HugFlash

Sponsored Link
HugFlash 概略

HugFlash は Flash ファイル(*.swf)に素材として含まれている画像や音声、ビデオファイルを抽出するソフト。

Sorenson Video 形式の動画を AVI に変換したり、映像と音声の簡易結合も可能。

操作も HugFlash を起動して、該当の Flash ファイルを HugFlash のウィンドウにドラッグ&ドロップするだけと簡単です。

  • HugFlash
  • 制作者   : Club Mil Besos
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : Me/XP
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
HugFlash
HugFlash Screenshot
HugFlash 主な機能・特徴
  • 入力対象
    SWF(フラッシュファイル)
    FLV(フラッシュビデオ)
    EXE(フラッシュベースのWindows用プロジェクタファイル)
    SCR(スクリーンセーバーファイル)
  • 出力形式
    PCM(WAVE)データ
    ADPCMデータ (PCMにデコードして出力)
    MP3データ
    BMPデータ
    JPEGデータ
    SorensonH.263ビデオデータ (AVI形式にデコードして出力)
    ScreenVideo(V2未対応)データ (AVI形式にデコードして出力)
    On2VP6ビデオデータ (AVI形式にデコードして出力。要VP6Codec)
  • ActionScript の出力
  • ベクター画像の確認、保存
  • SWF/FLVの再生や保存/削除が可能なビューア搭載
  • 映像と音声の簡易結合
HugFlash 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
chao.exe を実行後、フォルダごと削除でOK。

Sponsored Link

使い方
手持ちの FLV ファイルを使って実験。
HugFlash を起動したら、ウィンドウに FLV ファイルをドラッグ&ドロップ。 すると右図のように解析処理が始まります。
HugFlashの説明①
出力するファイルが 2GB を超える場合は、圧縮をうながすダイアログが表示されるので [OK] をクリック。
HugFlashの説明②
続けて、右図のように任意のコーデックを選択して [OK] をクリック。 今回は Divx を選択。
HugFlashの説明③
映像と音声の出力処理が始まり、処理が完了すると、 HugFlash フォルダの中に Flash ファイルと同じ名前でフォルダが作られ、中に映像と音声のファイルが出来上がっています。
HugFlashの説明④

保存場所の変更は図の赤丸をクリックして 「SavePath」 から変更可能。

映像と音声を分ける必要が無く、単に AVI ファイルとして出力する場合は、 「各種設定」 から 「映像+音声で出力」にチェックを入れ、必要であれば [設定] から 「MP3VBRはCBR形式に再エンコードして結合」 や「サンプルレートが8の倍数でない場合はレート変更して結合」 など選択します。
HugFlashの説明⑤

あとは変換したい FLV ファイルを HugFlash に D&D して同じ手順を踏めば、 AVI ファイルが出力されます。 ただし、ビデオデータが含まれていない Flash では AVI 出力されないので注意して下さい。

雑感

以前に AVI、MPG、DVD から音声部分を抽出する ぷっちでここ を紹介しましたが、FLV については未確認の部分があったので、今回は入力対象で FLV が扱える Flash 抽出ソフトの定番 HugFlash を使ってみました。

操作も非常に簡単なので ぷっちでここ で FLV の取出しが出来なかった方は HugFlash を使ってみてはどうでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す