ViX

Sponsored Link
ViX 概略

ViX はエクスプローラ風のメインウィンドウにサムネイル画像を一覧表示する統合画像ビューア。

一度表示したサムネイル画像はカタログファイルに保存され、次からは一瞬で表示されます。 また、ドラッグ&ドロップで画像ファイルのコピー、移動ができるので画像整理も簡単です。

本体のみで、BMP, GIF, JPEG, PNG, PSD, MAG, PICT, PhotoCDなど20種類近い 画像形式に対応し、さらにSusieプラグインも使用可能。

ViX は画像ビューアでは定番のソフトです。

  • ViX
  • 制作者   : K_OKADA‘s WebPage
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : 98/Me/NT/2000/XP/Vista
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
ViX
ViX Screenshot
ViX 主な機能・特徴
  • BMP、 JPEG、 GIF、 TIFF、 PSD、 PNG、 MAG、 PhotoCD、 PCX、 TGA、 PIC、 Pi、 PIC2、 Q4、CAM、 RAS、 AVI、 DPX、 フルカラーベタファイルに本体で対応
  • Susieプラグインも利用可能
  • メインウィンドウにサムネイル画像を一覧表示
  • 一度表示したサムネイル画像はカタログファイルに保存され、次回より一瞬で表示
  • ドラッグ&ドロップで画像ファイルのコピー&移動が可能
  • 複数のファイル名を連番や日付などによって一度に変更
  • ダブルクリックで原寸大表示。
  • スライドショウ、トリミング、リサイズ、回転、連結、反転、明るさ調整などの簡単な画像処理も可能
  • 動画再生も可能
  • BMP、 JPEG、 PNG、 TGA、 PIC2、 Pi、 MAGの7種類の形式で画像を保存
  • 圧縮ファイル内の画像ファイルを解凍せずに表示
  • 画像の単独での印刷、及び一覧での印刷 「アルバム印刷機能」
  • サムネイル画像一覧をホームページに  「アルバムHTML機能」
ViX 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍したフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
アンインストールはフォルダごと削除でOK。
画像の関連付けをしている場合は解除。

Sponsored Link

使い方
  1. ソフトを起動したら左側にあるフォルダ一覧より見たいフォルダを選択します。 するとサムネイル画像が表示されます。 その状態で見たい画像をダブルクリックすると拡大表示されます。
  2. タスクバーから [次へ] や [前へ] をクリックしていけば画像が切り替わります。 [スライド] をクリックすればスライドショーの操作が出来ます。
  3. 「カタログファイル機能」 は一度開いたフォルダを次回より高速で表示する便利な機能です。 デフォルトではそのフォルダ内に 「_CATALOG.VIX」 が作成されます。 あちこちのフォルダにこれが作成されるのがイヤな場合、一つのフォルダにまとめて置くこともできます。 やり方は、 [その他] ⇒ [設定] ⇒ [カタログファイル] とクリックし、作成場所の [すべてホームフォルダ] にチェックを入れます。 これで 「ViX」 がインストールされたフォルダ内に 「Catalog」 フォルダが作成され、その中に今までに参照したフォルダの 「カタログファイル」 が作成されます。
  4. 画面に収まらない大きな画像を画面内に収めるには、 [その他] ⇒ [設定] ⇒ [画像ウィンドウ] とクリックし、画像サイズ調整の [オーバービュー] にチェックを入れます。
  5. 細かな設定や操作は、 「ヘルプ」 や 「ViXオンラインヘルプ」 を参考に自分好みに変えましょう。
雑感

ViX はずいぶんお世話になっているソフトです。 色々と機能はありますが、個人的に気に入っているのはサムネイル表示の速さ。 幾つかのソフトを試しましたが ViX が私には一番馴染みました。

画像の加工や修正、補正は他ソフトにまかせて、画像管理閲覧は ViX に。 私はこれがベスト。

Sponsored Link

コメントを残す