SUPERAntiSpyware

Sponsored Link
SUPERAntiSpyware 概略

SUPERAntiSpyware はスパイウェア、アドウェア、マルウェア、トロイの木馬等の検出・削除はもちろん、SmitFraud 、Vundo 、WinFixer 、SpyAxe 、SpyFalcon などの偽アンチスパイウェアソフトも検出するスパイウェア対策ソフト。

日本で無料のスパイウェア対策ソフトと言えば、Spybot Search & Destroy や Ad-Aware 、 WindowsDefender が有名ですが、 SUPERAntiSpyware は海外での評価が高く、すでに1000万人以上のユーザーに使用されています。

無料の Free Edition にはありませんが、有料の Professional 版はリアルタイム保護機能、自動アップデート機能を実装しています。

SUPERAntiSpyware
SUPERAntiSpyware Screenshot
SUPERAntiSpyware 主な機能・特徴
  • スパイウェア、アドウェア、マルウェア、トロイの木馬、ダイアラー、ワーム、キーロガー、ブラウザーハイジャッカー等の検知・駆除
  • SmitFraud 、ZLob 、Vundo 、 VirusProtectPro 、 DriveCleanerWinFixer 、 SpyAxe 、 SpyFalcon 、 WinAntiVirus 、AntiVermins 、AntiSpyGolden などの偽アンチスパイウェアを検出
  • ハードディスク、リムーバブル、メモリー、レジストリ、指定フォルダの個別スキャンが可能
  • インターネット接続、デスクトップ、レジストリの破損を修復(機能限定)
  • ブラウザのホームページ設定を書き換えられないように保護
  • 起動中であれば右クリックからのスキャンも可能
SUPERAntiSpyware 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
デフォルトでは 「C:¥Program Files」 にインストールされます。
途中のユーザー名入力はニックネームでかまいません。
インストール終了と同時にアップデートチェック画面になるので [はい] をクリック。
更新通知のメールアドレス登録は、必要なければ入力しなくて OK 。
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。

Sponsored Link

使い方
SUPERAntiSpyware を起動したら、 [Check for Updates] をクリックして最新の定義ファイルを確認。 アップデートするファイルがあった場合は自動で更新されます。
SUPERAntiSpywareの説明①
次に② [Scan your Computer] をクリック。
スキャンするドライブを選択して、 Quick Scan(簡易) 、Complete Scan(完全) 、Custom Scan(場所指定)からスキャンモードを選択。 初めてなら Complete Scan がお薦め。
SUPERAntiSpywareの説明②

ドライブとスキャンモードの選択が出来たら [次へ] をクリックして、スキャン終了まで待ちます。

スキャンが終了すると 「SUPERAntiSpyware Scan Summary」 で結果を表示。 続けて [OK] をクリック。
SUPERAntiSpywareの説明③
検出したスパイウェアの処理は、隔離するものはチェックを入れ、隔離しないものはチェックを外します。 ここで誤検出のものがあった場合、そのファイルを選択し [右クリック] ⇒ [Always Allow Item(Trust Item)] を選択すると、除外リストに追加されます。 「Trust Item」 に登録したものは、信頼できるファイルとして次回以降のスキャンから除外されます。
SUPERAntiSpywareの説明④

[次へ] をクリックすると、選択したファイルは隔離されます。

隔離処理終了後、 「You must reboot to complete・・・・」 と再起動を促すダイアログが表示されたら [はい] をクリック。 PC の再起動が行われます。
SUPERAntiSpywareの説明⑤

以上で検出されたファイルの隔離は完了。

隔離したファイルの復元や削除はメイン画面 [Manage Quarantine] をクリックして、該当の項目を選択。 復元なら [Restore] 、削除なら [Remove] をクリック。
SUPERAntiSpywareの説明⑥

また、メイン画面 [Preferences] では起動オプション、スキャン方法、許可ファイル、ホームページ設定の保護等設定できます。

SUPERAntiSpyware Free 版は常駐保護は出来ないので、「General and Startup」 タブの [Start SUPERAntiSpyware when Windows starts] のチェックは外した方が良いでしょう。

右クリックからファイルチェックする場合、 「Scanning Control」 タブの 「Display scan option in Explorer context (right-click) menu」 にチェックを入れると可能となります。

雑感

SUPERAntiSpyware は不審なソフトを告発する SpywareWarrior というサイトで、信頼のおけるソフトとして Ad-Aware や WindowsDefender と一緒に紹介されており、海外の多くのユーザーが支持しています。

個人的に気に入ってるのは、偽装アンチスパイウェアに対応してる点と、Free 版の場合は常駐保護機能がない点です。

常駐保護機能がないと云うことは、基本的に他のセキュリティ対策ソフトと競合しないので、 Spybot Search & Destroy や Ad-Aware 、 WindowsDefender といった、機能や性能の異なるアンチスパイウェアと共存ができるわけです。 ただし、全ての条件で共存が出来るかはユーザーそれぞれの環境が違うので言及は出来ません。

SUPERAntiSpyware 解説サイト
オンラインソフト学習塾
SUPERAntiSpywareのご紹介
FreeSoftNavi
SUPERAntiSpyware Free Editionでスパイウェア対策
Sponsored Link

コメントを残す