Kingsoft Internet Security

Sponsored Link
Kingsoft Internet Security 概略

Kingsoft Internet Security は Kingsoft AntiVirus(アンチウィルス)、Kingsoft PersonalFirewall(ファイアーウォール)、Kingsoft SecurityCare(アンチスパイウェア&メンテナンス)が一つになった総合セキュリティソフト。

一般的なアンチウィルスソフトは 「ウイルスデータベース」、「ヒューリスティックスキャン(未知ウィルス)」 という2段階の防御体制ですが、Kingsoft Internet Security には更にもう一つ 「オンライン信用認証」 という機能が加えられており、3段階の防御体制でパソコンのセキュリティを行います。

「オンライン信用認証」 は怪しいファイルが見つかった場合に、ユーザーの許諾を得た上で KINGSOFT にリアルタイムで転送して解析を行います。 これにより発見された新種のウィルスやスパイウェアはいち早く Kingsoft AntiVirus のパターンファイルに反映され、自身は元より多くのユーザーのセキュリティを高めます。

Kingsoft Internet Security は 「多くの人が使えば使うほど、セキュリティが強固に、安全に、そして便利になっていく。」 業界初の進化型セキュリティソフトです。

また、無料版、有料版関係なく KINGSOFT のサポートが受けられるので、何か問題が発生した場合も安心です。

Kingsoft Internet Security の無料版は有料版とまったく同じ機能ですが、ウィルス定義ファイルの更新時などに不定期で広告が表示されます。

  • Kingsoft Internet Security
  • 制作者   : KINGSOFT
  • 言語    : 日本語表示
  • 対応OS  : 2000/XP/Vista/7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
Kingsoft Internet Security
Kingsoft Internet Security Screenshot
Kingsoft Internet Security 主な機能・特徴
  • Kingsoft AntiVirus(アンチウィルス)、Kingsoft PersonalFirewall(ファイアーウォール)、Kingsoft SecurityCare(アンチスパイウェア&メンテナンス)が一つになった総合セキュリティソフト
  • Kingsoft AntiVirus : 「ウイルスデータベース」、「ヒューリスティックスキャン(未知ウィルス)」、「オンライン信用認証」 の3段階防御で鉄壁のセキュリティ
  • Kingsoft AntiVirus : 「リアルタイムガード(常駐)」 によりパソコン起動時から常にウィルスを防御
  • Kingsoft AntiVirus : 「メールモニター」 でウィルスメールやスパムメールの侵入を防御
  • Kingsoft AntiVirus : 「ブートクリーンエンジン」 により Windows の起動前にウイルスを駆除
  • Kingsoft AntiVirus : 最新ウィルスデータベース、ウィルス診断でウィルスやスパイウェア等のマルウェアをすべて駆除
  • Kingsoft AntiVirus : 「リアルタイムガード・ウェブディフェンダー」 でサイトの悪意のあるコード、ウィルス、悪意あるプラグインを監視・ブロック、トロイの木馬のダウンロード阻止
  • Kingsoft AntiVirus : 改良されたスキャンエンジンで従来よりスキャンスピードが 200%アップ
  • Kingsoft AntiVirus : 「自動アップデート機能」 で毎日自動的にウイルスパターンを更新
  • Kingsoft AntiVirus : 「自動脆弱性修復機能」 でコンピューターのセキュリティを高める
  • Kingsoft PersonalFirewall : セキュリティレベル設定、ハッカー攻撃防止、ネット状況モニター、IPルール編集、アクセス制限、トロイの木馬による攻撃をブロック
  • Kingsoft PersonalFirewall : システム内のトロイの木馬やハッカープログラムのネットワークへのアクセスを自動的にブロック
  • Kingsoft PersonalFirewall : メモリ内のプロセスをスキャン
  • Kingsoft PersonalFirewall : ネットワークのセキュリティを保護し、個人情報漏洩を防止
  • Kingsoft PersonalFirewall : アプリケーションの危険度を自動判定
  • Kingsoft PersonalFirewall : 信用認証サービスを利用して悪質サイトを判断(ブロック及び警告表示)
  • Kingsoft PersonalFirewall : Windows Live Messenger の通信を暗号化して盗聴防止
  • Kingsoft SecurityCare : パソコンを全面的に監視・保護し、脆弱性に対して修復方法をアドバイス
  • Kingsoft SecurityCare : マルウェアのスキャンや脆弱性の修復、システムの診断機能などで、パソコンをネットワークの攻撃から保護
  • Kingsoft SecurityCare : サードパーティのセキュリティホールも修復
  • Kingsoft SecurityCare : 「不要ファイル削除ツール」、「履歴削除ツール」、「自動再生禁止ツール」、「プロセスマネージャ」、「LSP修復ツール」 など、すっきり便利ツールを搭載
  • 世界基準の検出力(VB100 、 Check Mark を受賞)
  • 無料版でも KINGSOFT のサポートが受けられる
  • ウィルス定義ファイルの更新時などに不定期で広告表示
  • 日本語表示対応
Kingsoft Internet Security 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
デフォルトでは 「C:¥Program Files」 にインストールされます。
インストール途中で 「無料版」、「有料版」 の選択を行う。
Kingsoft Internet Securityの説明①
Yahoo!ツールバーが必要なければチェックを外し [次へ] をクリック。
Kingsoft Internet Securityの説明②
「ようこそ Kingsoft Internet Security セットアップウィザードへ」 が表示されたら 「キングソフトセキュリティ強化計画に参加」 にチェックが入っていることを確認し [次へ] をクリック。
「オンライン信用認証」 の許諾になります。
Kingsoft Internet Securityの説明③
「自動アップデート」、「カスタムアップデート」 を選んで [次へ] をクリック。 推奨は 「自動アップデート」。
Kingsoft Internet Securityの説明④

「自動アップデート」 を選択すると、インストール完了後にアップデート処理が始まります。

アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。

Sponsored Link

使い方

Kingsoft AntiVirus

ウィルススキャンはタスクトレイ上の Kingsoft セキュリティセンター のアイコンを右クリックして [Kingsoft AntiVirus を開く] を選択。

スタートタブの「マイコンピュータ」、「マイドキュメント」、「メモリ」 などからスキャンする項目を選択し、 [スキャン] をクリック。
Kingsoft Internet Securityの説明⑤

特定のファイル、フォルダのみをスキャンしたい場合は対象を選択後 [右クリック] ⇒ [スキャン] が便利。

また、スクリーンセーバーウィルススキャンを使うと、コンピューターのアイドル時間を利用してウィルススキャン及び駆除を行えます。 

  1. メイン画面から [ツール] ⇒ [設定] ⇒ [スクリーンセーバーウィルススキャン]。
  2. 「専用スクリーンセーバーを起動」 にチェック。
  3. [適用] ⇒ [OK] をクリック。
Kingsoft Internet Securityの説明⑥

スクリーンセーバーウィルススキャンを有効にすると、他のスクリーンセーバーは使えません。

  1. スケジュールスキャンは、メイン画面から [ツール] ⇒ [設定] ⇒ [スケジュールスキャン]。
  2. 「スケジュールスキャンを起動」 にチェック。
  3. 月/週/毎日、時間を設定。
  4. [適用] ⇒ [OK] をクリック。
Kingsoft Internet Securityの説明⑦

この他、メイン画面の [ツール] ⇒ [設定] から 「リアルタイムガード」、「高度な防御」、「メールモニター」、「アンチスパムの設定」、「ウェブディフェンダー」、「プラグインウイルスガード」、「アップデート設定」、「自動修復」、「プライバシー保護」 の設定が行えます。

PC 再起動後、「リアルタイムガード」 や 「ウェブディフェンダー」 が機能していない場合は、メイン画面の [ツール] ⇒ [設定] ⇒ [リアルタイムガード] の 「システム起動時にリアルタイムウィルスガードを起動」 にチェック、[ツール] ⇒ [設定] ⇒ [高度な防御] の 「システム起動時に自己防御を起動」 と 「システム起動時に悪意行為ブロックを起動」 にチェックを入れ [適用] ⇒ [OK] をクリック。
Kingsoft Internet Securityの説明⑦-1

Kingsoft AntiVirus が発見はしたが、駆除できなかったウイルス感染ファイルや未知のウイルスに感染したファイル、ユーザーによって疑わしいと判断されたが、ウイルスかどうか確認できなかったファイルは 「ウイルス隔離システム」 に移動されます。

「ウイルス隔離システム」 はメイン画面の 「ツール」 ⇒ 「ウイルス隔離システム」 で開き、隔離ファイルの追加、削除、元の場所に戻す、詳細表示等行えます。
Kingsoft Internet Securityの説明⑧

Kingsoft Internet Security では「Windowsシステムがウィルス感染して起動できなくなった場合」、「システムファイルが壊れた場合」、「HDD修復が必要な時」 など、不慮の事故が起こった場合に事前に作成しておいた 「救済ディスク」 から復旧を試みることが出来ます。

「救済ディスク」 はメイン画面の 「ツール」 ⇒ 「救済ディスク作成」 を選択し、ウィザードに従って作成します。
Kingsoft Internet Securityの説明⑨

Kingsoft PersonalFirewall

Kingsoft PersonalFirewall のメイン画面は、 「スタート」 ⇒ 「プログラム」 、デスクトップに作成されたショートカット、もしくはタスクトレイのアイコンで表示します。

メイン画面は 「現在の状態」、「レベル設定」、「ルール設定」、「ネット状態」 のタブで構成。

  1. 「現在の状態」 : 「現在のネットワーク」、「ネットワーク状態ログ」、「ネットワークの現状」 を表示。
  2. 「レベル設定」 : 「インターネット監視」 と 「ローカルエリアネットワーク監視」 のレベルを設定。(既定値は「中」)
  3. 「ルール設定」 : パソコンで実行したことがあるアプリケーションの権限を表示・変更。
  4. 「ネット状態」 : ネットワーク状態の詳細情報を表示。
Kingsoft Internet Securityの説明⑩
「レベル設定」 画面 : アプリケーションのネットアクセス制限、スパイウェア、ハッカーの攻撃ブロック等の 「レベル」 を設定。
Kingsoft Internet Securityの説明⑪
「レベル設定」タブの 「詳細設定」ボタンから IP ルールの追加、変更、削除、有効・無効の有無、優先レベルの調整等、 IP のルール編集を行えます。
Kingsoft Internet Securityの説明⑫
Kingsoft PersonalFirewall のアプリケーションルールは、アプリケーションがネットワークにアクセスしようとした時に、許諾を問い合わせるポップアップダイアログで 「許可」 か 「禁止」 を選択して [OK] をクリックすることで作られます。
kingsoft-internet-securitye381aee8aaace6988ee291ac
作成したアプリケーションルールを変更する場合、 「ルール設定」タブから該当するアプリケーションを選択して 「許可」 または 「禁止」 または 「応答」 をクリック。
Kingsoft Internet Securityの説明⑭
「ネット状態」タブで、怪しいプロセスを発見した場合は、そのプロセスを選択した状態で [プログラムを終了] をクリックすればプロセスを終了できます。
Kingsoft Internet Securityの説明⑮
この他メイン画面の 「ツール」 ⇒ 「設定」 から 「スパイファイアウォール」、「エリアレベル設定」、「高度な設定」、「保護者の設定」 が可能。
Kingsoft Internet Securityの説明⑯

Kingsoft SecurityCare

Kingsoft SecurityCare は PC の健康状態のをチェック、マルウェアスキャン、脆弱性診断、オンラインでのシステム診断、ウェブディフェンダー、セキュリティツールボックスを搭載したネットワーク セキュリティ ツール。

起動は 「スタート」 ⇒ 「プログラム」 もしくはデスクトップに作成されたショートカットから。
Kingsoft Internet Securityの説明⑰
メイン画面の [システムの採点] でシステムの健康状態をチェック。 チェックが終わると問題のある項目を確認できる。
Kingsoft Internet Securityの説明⑱

健康状態は4つのレベルに分けられる。

  1. 100 ~ 86点
    PCは 「健康」 。 システムにちょっとした問題がある場合(未知ファイル、スタートアップ項目が多い)でも、この点数になります。
  2. 70 ~ 85点
    システムに特に脅威となる問題はない。 システムに信用できないリスク プログラムがある、ハードディスクの空き領域が足りない、若干の脆弱性(マイクロソフト発表の脆弱性標準により評価)などがある場合、この点数になります。
  3. 60 ~ 69点 黄色い警告
    システムに明らかなリスクがあり、ウイルス感染か厳重な故障が発生。 システムに疑わしいファイルやレベル4の悪意ソフトウェア(レベル評価標準は:悪意ソフトウェアのスキャン)や厳重な脆弱性や、ウィルス対策ソフトウェアが無い場合、この点数になります。
  4. 0 ~ 59点 赤い警告
    システム崩壊寸前でデータ損失や情報漏れなどの危険あり。 システムにウイルスやレベル5の悪意ソフトウェア(レベル評価標準は:悪意ソフトウェアのスキャン)や緊急脆弱性などがある場合この点数になります。

「マルウェアスキャン」、「脆弱性診断」、「システム診断」 も同じようにチェック。

IE を監視して悪意あるコードが含まれるページへのアクセスを阻止する 「ウェブディフェンダー」 はウェブディフェンダー画面から [起動] をクリックすることで機能します。

この他 「ツール ボックス」 では 「プロセスマネージャ」、「自動再生禁止ツール」、「LSP 修復ツール」、「履歴削除」、「不要ファイル削除」 が行えます。
Kingsoft Internet Securityの説明⑲
右画像は自動アップデート時にモニター右下に表示された Kingsoft Internet Security の広告。 有料版にすると広告は出なくなる。
Kingsoft Internet Securityの説明⑳
雑感

Kingsoft Internet Security は Pentium4 2.26GHz 768MB の古い PC に導入。 動作も意外に軽く、フリーズ等の問題もなく使えてます。

広告はメインPC で Avira AntiVir Personal を使っていることもあり、私はそれ程気になりませんでした。 まぁ、「広告はウザイ!、でも Kingsoft Internet Security は気にいった。」 という方は有料版にするのもありでしょう。

無料の総合セキュリティソフトといえばこの Kingsoft Internet Security と COMODO Internet Security 、A-squared Free + Online Armor Personal Firewall とありますが、初めて無料のセキュリティソフトを導入するなら Kingsoft Internet Security が一番敷居が低いかな。

ウィルス検出の精度も、世界的権威である 「Virus Bulletin 100% award (VB100)」 を受賞してるし、 様々な理由で食わず嫌い(管理人)になってた方も試してみるとイイかも。

Kingsoft Internet Security 解説サイト
林檎の木
広告を表示すれば無料。総合セキュリティーソフト
KINGSOFT Internet Security Wiki
Kingsoft Internet Security 非公式ファンサイト
Sponsored Link

コメントを残す