Option Operator

Sponsored Link
Option Operator 概略

Option Operator は Windows XP の環境設定を手軽に変更できるカスタマイズソフト。

メニュー表示の遅延時間設定など、 Windows にあらかじめ用意されているが、コントロールパネルからは変更できない設定を一つにまとめ、簡単に変更できるようにしたのが Option Operator です。

カスタマイズできる項目はスタートメニュー、タスクバー、デスクトップ、コントロールパネル、システム、ログオンなど大きく 15種類にカテゴリわけされ、一つのカテゴリを選択すると、そのカテゴリに属するより細かな項目を設定できるようになっています。

カスタマイズ後の効果は、変更しようとするカテゴリを選択した状態で [ヘルプ] をクリックするとブラウザが起動し、そのカテゴリのヘルプファイルが表示されるようになっています。 また、項目の上にマウスカーソルを乗せるとその項目の説明文を表示します。

同梱のヘルプファイルは一部画像を用いたわかりやすい説明で、各項目について詳しく記載されています。

XP 限定ではありますが手軽に自分好みの環境を構築したい方、初めて Windows のカスタマイズを行う方にお薦めです。

制限ユーザー(制限付きアカウント)では全ての項目のカスタマイズはできません。

  • Option Operator
  • 制作者   : Omokawa Software
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : XP
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
Option Operator
Option Operator Screenshot
Option Operator 主な機能・特徴
  • レジストリの変更を伴う Windows XP の環境設定を手軽に変更
  • カスタマイズ項目はスタートメニュー、タスクバー、デスクトップ、アイコン、エクスプローラ、マイコンピュータ、共通ダイアログ、コントロールパネル、システム、Clear Type 、インターネットエクスプローラ、インターネットオプション、自動時に実行、ログオン、オプションの 15カテゴリを用意
  • 各カテゴリ内により細かな設定項目を用意
  • インストール後の初回起動時にシステムの復元ポイントを作成
  • 充実したヘルプファイルにより迷うことなくカスタマイズが可能
  • 項目の上にマウスカーソルを乗せるとその項目の説明文を表示
  • 見やすくわかりやすいインターフェースと操作性
Option Operator 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。

Sponsored Link

使い方
Option Operator はインストール後の初回起動時に、システムの復元ポイントを作成するか尋ねてくるので必ず [はい] をクリックし、復元ポイントを作成しておきます。
Option Operatorの説明①
基本的な使い方は、例えば左ツリービューのカテゴリ 「スタートメニュー」 → 「全般」 タブで 「新しいスタートメニューの上部にユーザー名を表示しない」 にチェック、問題なければ [OK] 、もしくは [適用] をクリック。 ここでよく解らなければ [ヘルプ] をクリック。
Option Operatorの説明②
[ヘルプ] をクリックすると、ブラウザ起動後にスタート メニュー全般に関するヘルプを表示。 ここで 「新しいスタートメニューの上部にユーザー名を表示しない」 をクイックすると画像付きの詳しい説明文が表示されます。
Option Operatorの説明③

[OK] ボタンを押すと設定を適用してプログラム終了、 [適用] ボタンはプログラムを終了せずに設定を適用。

詳細項目を幾つか抜粋。

  1. 「スタートメニュー - 全般」 : メニュー表示までの遅延時間(速い・遅い)
  2. 「スタートメニュー - 全般」 : ユーザー名の表示の有無
  3. 「タスクバー - 全般」 : バルーンヒントを表示しない
  4. 「デスクトップ - 全般」 : Windows のバージョン情報を表示する
  5. 「アイコン」 : アイコンの変更1・2
  6. 「エクスプローラ - 全般2」 : 「~へのショートカット」を付けない
  7. 「エクスプローラ - 新規作成」 : 新規作成の非表示化
  8. 「マイコンピュータ - 自動再生」 : CD/DVD ドライブの自動再生を無効にする
  9. 「システム - 全般」 : 「応答なし」のアプリケーションを自動的に終了させる
  10. 「システム - CPU」 : カーネルを常に物理メモリに配置する
  11. 「起動時に実行」 : 起動時に実行されるプログラムの編集
  12. 「ログオン」 : 自動ログオンの設定

この他にも多くの設定・変更項目があるので、自分の使い方にあった Windows XP にカスタマイズできます。

雑感

最近ジャンクや中古パーツを購入する機会が多い管理人。 かなり部屋がゴチャゴチャしてきたので、使ってないものも含め家に何台 PC があるのか数えてみました。

1、 2、 3・・・ときて 、全部で 10台。 内訳はデスクトップが 8台、ノート 1台、ネットブック 1台。 デスクトップは壊れてるのが 2台、不具合ありが1台、使ってないのが 2台。

使ってない PC の内 1台は XP HOME、もう 1台は Vista Ultimate で、どちらも人に譲る予定。

先日この使ってない XP HOME の PC を組み直し清掃、 SP+メーカー を使って OS の再インストールを行い、この Option Operator と Comfortable PC でサクサク動く XP にカスタマイズ。

「Option Operator や Comfortable PC 、Win高速化PC+ などのカスタマイズソフトでチューンナップすればまだまだ XP で行ける!!」  と、心の中で叫んでみるも、ヤッパリ Windows 7 欲しい。

でもそうなると、スペックの高い PC も欲しい。 う~ん、これ以上 PC が増えるのは問題だ。

Option Operator 解説サイト
k本的に無料ソフト・フリーソフト
Windows XP の設定を楽々カスタマイズ!「Option Operator」。
Sponsored Link

コメントを残す