WinDNA 7

Sponsored Link
WinDNA 7 概略

WinDNA 7 は Windows 7 に特化した OS カスタマイズソフト。

Windows 7 の様々な設定を簡単に変更し、高速化・快適化・安定化を図るソフト。 変更できる項目は 「デスクトップ」、「メニュー」、「システム」、「その他」 の4つのカテゴリーに分類され、およそ 60項目の設定を変更できます。

項目上にマウスカーソルを合わせると、変更するとどういう効果があるのか詳細を表示し、変更した項目は赤色の文字に変わります。

OS カスタマイズソフトは幾つかありますが、使用中のパソコンの OS が Windows 7 であるなら、他の OS に関わる設定項目が省かれている WinDNA 7 はお薦め。

WinDNA 7 の実行は管理者権限でおこなう必要があります。 また、安全のためにも実行前に復元ポイントを作成しておきましょう。

  • WinDNA 7
  • 制作者   : aquarius 氏
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : Windows 7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
WinDNA 7
WinDNA 7 Screenshot
WinDNA 7 主な機能・特徴
  • システム構造、機能の追加、不必要な機能の無効化等をコントロール及び制御して PC の高速化・快適化・安定化を図る
  • 変更項目は 「デスクトップ」「メニュー」「システム」「その他」 の4つのカテゴリーに分類(60項目以上)
  • 項目上にマウスカーソルを合わせると変更後の効果を詳細表示
  • 変更した項目は赤文字で表示
  • Windows 7 に特化してるので他の OS に関する項目がなくシンプル
WinDNA 7 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
アンインストールはフォルダごと削除でOK(変更した項目を元に戻す、あるいは作成した復元ポイントで変更前に戻す)。

Sponsored Link

使い方

今回はダウンロード後、解凍して 「Program Files」 に設置。

WinDNA 7 は管理者権限で実行する必要があるので、右クリックから 「管理者として実行」 をクリック。
WinDNA 7の説明1

WinDNA 7 はレジストリを操作するので、安全のためにも 「復元ポイント」 を作成しておく。

WinDNA 7 を起動後 [復元設定] をクリック。
WinDNA 7の説明2
システムのプロパティが表示されたら [作成] をクリックして復元ポイントを作成。
WinDNA 7の説明3
図はデスクトップ、タスクバーに関するカスタマイズ画面。 変更した箇所は赤字で表示され、マウスカーソルを合せると詳細が表示される。
WinDNA 7の説明4
図はスタートメニューに関する設定画面。
WinDNA 7の説明5
図はシステムに関する設定画面。 ここではシステム負荷の軽減、動作の高速化等を設定できる。
WinDNA 7の説明6
図はその他の画面。 ここではファイル・フォルダー、右クリック、USB 等の変更・設定ができる。
WinDNA 7の説明7
設定を適用するには [OK] を押して再起動を行う。
WinDNA 7の説明8

各項目の設定制御は一度に全部行わず、何回かに分け、動作の確認を行いながら設定制御変更を行ってください(Readme より)。

雑感

OS カスタマイズソフトは幾つかありますが、この WinDNA 7 は Windows 7 に特化した専用ソフトです。 項目にカーソルを持っていくと、詳細な説明が表示される親切設計になっているので、効果を確認しながら変更ができます。

この手のカスタマイズソフトは Windows の基本情報やソフトウェアの拡張情報を保存するレジストリを操作するので、不具合があった場合に回復できるよう、必ず復元ポイントを作成しておきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す