SP+メーカー

Sponsored Link
SP+メーカー 概略

SP+メーカー は Windows 2000/XP/Server 2003 のインストール CD を元に最新の SP(Service Pack)、その後にリリースされたアップデートを適用させ、ブート可能な ISOイメージを作成する GUI ベースのソフト。

ユーザーが所持している Windows のインストール CD(SP1、SP2もしくは無し) にもよりますが、最初から Windows をクリーンインストールすると、 SP の適用、及びアップデートを何度か行う必要があります。

Windows Update は手間と時間(回線速度にもよる)が掛かり何かと面倒で、また SP のダウンロード中にウィルスに感染する危険性もあります。 SP+メーカー は手持ちのインストール CD から最新の SP とアップデートを適用した ISOイメージを作成できるので、これらの手間と危険を回避することが出来ます。

SP+メーカー は ISOイメージの作成だけでなく、 CD/DVD メディアへのライティング機能も備えています。 また、Office 2000/XP[VL版]/2003[VL版/OEM版]、FrontPage 2003[VL版]、OneNote 2003[VL版]、Project 2003[VL版]、Visio 2003[VL版] にも対応しています。

自分が持っている Windows インストール CD の SP が古い、または適用されていないインストール CD であった場合、 SP+メーカー で最新の SP を適用させたインストールCDを作っておくと便利です。

PC 付属のリカバリー CD はアップデートを適用させた CD を作成できない場合があります。 作成できない場合、 HotFix 専用インストール CD を作成してみて下さい。 HotFix専用インストール CD とは、稼動中の Windows 上で Service Pack やアップデートの適用のみを行う CD です。 詳しくは SP+メーカー のFAQ 書庫 で。

  • 制作者   : A.K Office
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : 2000/XP/Vista
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
SP+メーカー
SP+メーカー Screenshot
SP+メーカー 主な機能・特徴
  • Windows 2000/XP/Server 2003 のインストール CD から最新の SP 適用済みインストール CD を作成
  • Office 2000/XP[VL版]/2003[VL版/OEM版]、FrontPage 2003[VL版]、OneNote 2003[VL版]、Project 2003[VL版]、Visio 2003[VL版] にも対応
  • SP 適用 CD は ISOイメージで作成
  • CD/DVD メディアへのライティング機能も装備
  • 稼動中の Windows 上で SP やアップデートの適用のみを行う HotFix専用インストール CD を作成可能
SP+メーカー 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
今回はランタイム同梱版の winsppm_full.exe を使用。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。

Sponsored Link

使い方

SP 、アップデートを適用した ISOイメージを作成するには、元となる Windows のインストール CD が必要です。 今回は手持ちの mouse computer のオペレーティングシステム インストール CD を使用しました。

マウスコンピュータ PC 付属の オペレーティングシステム インストールCD。
SP+メーカーの説明①

始めに任意の場所に 「作業フォルダ」、 「アップデートフォルダ」、 「出力先フォルダ」 の3つを作っておきます。

図は Dドライブに 「SP+メーカー」 というフォルダを作り、その中に 「作業フォルダ」、 「アップデートフォルダ」、 「出力先フォルダ」 を作成したもの。 場所は任意でかまいません。
SP+メーカーの説明②

次に最新版の有無の確認を行います。

まず SP+メーカー を起動して 「オプション」 を選択、「自動ダウンロードを許可する」 にチェック。
SP+メーカーの説明③
「ヘルプ」 から 「最新版の有無を確認する」 を実行。
SP+メーカーの説明④
すぐにチェックが行われ最新版であるかどうかの有無が表示されます。
SP+メーカーの説明⑤

次はログを表示するように設定。

SP+メーカー メイン画面の 「表示」 から 「ログウィンドウ」 にチェック。
SP+メーカーの説明⑥

以上までの設定ができたら、先ほど作成した 「作業フォルダ」 や 「アップデートフォルダ」、元のインストール CD を入れるドライブ等、指定します。

  1. CD-ROMドライブを指定。
  2. 作業フォルダを指定。
  3. 出力先フォルダを指定。
  4. アップデートフォルダを指定。
  5. ファイル名を指定。(.isoを付ける)
  6. Service Pack が最新 ver か確認。
SP+メーカーの説明⑦
次にメイン画面の [高度な設定] をクリック。
SP+メーカーの説明⑧
高度な設定画面が表示されたら [全てチェック] をクリックしてその他のアップデートを適用、 [OK] をクリック。
SP+メーカーの説明⑨

ここで Windows インストール CD を先ほど指定したドライブに挿入します。

最後にメイン画面の [作成] をクリックするとアップデートの一括ダウンロードが始まり、 SP が統合化された ISOイメージが作成されます。
SP+メーカーの説明⑩
およそ16分で SP が適用された ISOイメージファイル(1.13GB)が作成されました。
SP+メーカーの説明⑪

途中エラーが出た場合、ログウィンドウに内容が表示されます。 実際前回作成時には 「エラー:Windows XP Service Pack 2 [WindowsXP-KB835935-SP2-JPN.exe] を適用できませんでした [WIN51*.SP2 is not found]」 と表示され作業が中断しました。

このエラーは 「SP+メーカー FAQ のよくある質問」 を確認し、 [高度な設定] から 「SVCPACK.INF を SVCPACK.IN_ へリネームする」 にチェック [OK] をクリック。 再度メイン画面から [作成] をクリックで解決しました。
SP+メーカーの説明⑫

ログ表示させていればエラーが出ても内容がわかるので、あわてずに SP+メーカーの 既知のFAQ やよくある質問、掲示板などを確認するとよいでしょう。

CD や DVD へのライティングはメイン画面で 「ライティング」 タブをクリック。

  1. 作成した ISOイメージファイルを指定。
  2. 書き込みを行うドライブを確認。
  3. 書き込み速度や書き込みの種類等、必要な設定を行う。
  4. [作成] をクリック。
SP+メーカーの説明⑬

ライティングは SP+メーカー で行うもよし、普段自分が使っているライティングソフトを使うもよし、お好みで。

雑感

先日 Windows XP HOME が OS の古い PC を手に入れました。

なかなかくせ者な PCで、リカバリしても XP HOME のロゴ表示後は画面真っ暗でカーソルだけピコピコするという代物。 およそ3日の悪戦苦闘の末、なんとか Windows XP のインストールは完了しました。 (Windows XP インストール34分問題)

その悪戦苦闘の中試したのがこの SP+メーカー 。 結果このソフトで問題が解決したわけではありませんが、 OS のクリーンインストールの際にはとても重宝するソフトだと感じました。 今後は SP+メーカー で SP を統合した CD を作り、 OS のクリーンインストールを行うこととします。

まぁ、年に1、2回あるかないかなんですがw

そうそう、 ぼくんちのTV 別館 さんでも述べられてますが、エラー等で困ったら SP+メーカー のFAQ を熟読しましょう。 ヒントは必ずあるはずです。

SP+メーカー 解説サイト
SP+メーカー のFAQ 書庫
SP+メーカーの使い方
ぼくんちのTV 別館
Windowsの再インストール・リカバリを便利にするフリーソフト、SP+メーカー
Sponsored Link

コメントを残す