遅刻指導

Sponsored Link
遅刻指導 概略

遅刻指導 はWindows 起動時に立ち上がる常駐ソフトを効率よく起動できるようにするスタートアップ支援ソフト。

Windows のスタートアップに登録されているプログラムの起動する順番や待ち時間に差を付けることで、起動の高速化と安定化を図ります。 また、起動の順番や待ち時間の設定だけでなく、起動時の CPU やメモリへの負担を軽減することもできます。

Windows には起動時に登録されているプログラムを自動起動するスタートアップ機能がありますが、スタートアップは起動の順番や時間差を付けるなどの指定はできません。 複数のプログラムが一度に動作すると、立ち上がりが遅くなったり、操作が重くなることもあります。 遅刻指導 を使えば Windows 起動時のプログラムの遅延を無くし、スムーズな起動を実現することができます。

その他、起動したプログラムがアイドル状態になるのを待つ 「ウェイトアイドル」 や、CPU の使用率が下がるまで待つ 「CPUクールダウン」、ウィンドウの状態設定、登録アプリケーションに 「コマンドラインの引数を設定」 などの機能もあります。

動作には Microsoft .NET Framework 3.5(Vista、7はOSにインストール済み)が必要。

  • 遅刻指導
  • 制作者   : だりそうソフト倉庫
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : XP/Vista/7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
遅刻指導
遅刻指導 Screenshot
遅刻指導 主な機能・特徴
  • Windows 起動時に立ち上がる常駐ソフトを効率よく整理
  • プログラムの起動する順番の変更、待ち時間の設定が可能
  • 起動したプログラムがアイドル状態になるのを待つウェイトアイドル機能
  • CPU の使用率が下がるまで待つ CPUクールダウン機能
  • ウィンドウの状態設定(通常・最小化・最大化)
  • コマンドラインの引数を設定
  • アイテムの種類としてアプリケーション、ファイル、フォルダ、ウェイト、CPUクールダウンを作成
  • プログラムをドラッグ&ドロップで登録
  • レジストリ未使用
遅刻指導 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
アンインストールはフォルダごと削除でOK。

Sponsored Link

使い方

今回はCドライブにインストールされ、スタートアップに登録されているプログラムを遅刻指導で管理します。

まず Windows 起動時に立ち上がるプログラムの確認と起動を解除。

左下の [スタート] から 「ファイル名を指定して実行」 をクリックし、 「msconfig」 と入力 → [OK] をクリック。
遅刻指導の説明1
システム構成ユーティリティの 「スタートアップ」 を選択し、Windows 起動時に常駐するプログラムのチェックを外す。 [適用] → [OK] をクリック。
遅刻指導の説明2

「C:\Program Files」 の常駐起動(アンチウィルス、ファイアウォールなど)と 「C:\Documents and Settings\User\スタート メニュー\プログラム」 に登録してあるプログラムを外しました。

再起動を促すダイアログが表示されたら [再起動] をクリック。
遅刻指導の説明3
再起動後、タスクトレイに表示されていた常駐ソフトがなくなりました。
遅刻指導の説明4

次は解除したプログラムを遅刻指導へ登録します。

遅刻指導起動後、 「ここにドロップしてください」 と明記されてる箇所にプログラムの実行ファイルをドラッグ&ドロップ。
遅刻指導の説明5

アイテムを登録する際は、システム構成ユーティリティの 「スタートアップ」 を表示させておくと実行ファイルの場所がすぐにわかるので作業がやりやすくなります。

今度は左側のアイテムを右側にドラッグ&ドロップ。
遅刻指導の説明6

一通り登録したら起動する順番を調整。

  1. アイテムを選択し、 [上へ]、[下へ] で順番を調節。
  2. いらないプログラムはアイテム選択した状態で [削除] をクリック。
遅刻指導の説明7

プログラム起動後の待ち時間は以下で作成。

  1. 「アイテムの新規作成」 → [ウェイト] をクリック。
  2. 秒数を入力。
  3. [OK] をクリック。
遅刻指導の説明8
作成した 「3.wai(秒)」 を右側へドラッグ&ドロップ。 この例では2カ所に入れてみました。
遅刻指導の説明9

ここで一度保存してみます。

  1. 遅刻指導左上の [保存] をクリック。
  2. [オプション]→[スタートアップ登録] をクリック。
  3. 右上の 「×」 もしくは [ファイル] → [終了] で遅刻指導を終了。
遅刻指導の説明10

「スタート」 → 「プログラム」 → 「スタートアップ」 に遅刻指導が登録されています。

ここで PC を再起動して動作を確認。
遅刻指導に登録したプログラムが順番に立ち上がります。(ポップアップで表示)

引数を設定していなかった場合、タスクバーに常駐せず表示された状態になるプログラムもあります。 図は Comodo Firewall と Windows Defender が表示されたところ。
遅刻指導の説明11

引数の設定は以下の手順で。

「msconfig」 でシステム構成ユーティリティを表示。 この例ではComodo Firewall の実行ファイルを確認。 cfp.exe の後の 「-h」 が引数。
遅刻指導の説明12
  1. 遅刻指導を起動して引数を設定するプログラムを選択。
  2. [修正] ボタンクリック。
  3. アイテムの編集の 「コマンドライン引数」 に確認した引数を入力。
  4. [OK] をクリック。
  5. [保存] をクリック。
遅刻指導の説明13

同様の手順で引数が必要なプログラムを設定します。

この他、一部のプログラムはシステム構成ユーティリティの 「スタートアップ」 から解除しても、次の起動で元に戻ってしまうものもあります。 例をあげるとランチャーの Orchis 、Windows Live Sync 、Iconoid がそうでした。

このような場合はそのプログラムの設定で Windows 起動時にプログラムを実行しないよう設定を変更。

図は Windows Live Sync の起動を OFF にしたところ。
遅刻指導の説明14

これで2重起動やエラーがなくなります。

CPU の使用率が下がるまで待つ 「CPUクールダウン」 の設定は以下。

「アイテムの新規作成」 → [CPUクールダウン] をクリック。
遅刻指導の説明15
  1. CPU 使用率の % を設定。
  2. 何秒待つかを設定。
遅刻指導の説明16

この例では CPU 使用率が 5% になるまで 5秒待つように設定。

使用する場合はプログラムやウェイトと同じように、ドラッグ&ドロップで右側のウィンドウに移動、順番を指定します。

各プログラムに 「ウェイトアイドル」 、「ウィンドウの状態」 を設定することも可能です。
遅刻指導の説明17

ウェイトアイドル は指定したプログラムの起動と初期化作業が終了し、アイドル状態になるのを待つ機能で、プログラムのアイドル状態が確認された時点で次のプログラムが起動します。

今回はセキュリティソフトから順番に起動するようにし、全てのプログラムでウェイトアイドルを ON に設定。 待ち時間と CPUクールダウンは指定せず。
遅刻指導の説明18

Core 2 Duo E6600 、メモリ2GB 、XP Home の PC で、電源ボタンを押し下げて全てのプログラムが起動し安定するまでを計測。 通常時の起動が 2分40秒、遅刻指導からの起動が 2分11秒でした。

雑感

遅刻指導 は Athion XP 2000+ 、メモリ1GB 、XP Home の低スペック PC の動作安定のために導入。 設定も簡単で扱いやすく、何よりインストール不要、レジストリ未使用なのが気に入りました。

Windows 起動時に立ち上がる常駐ソフトを制御して起動を高速化するソフトは以前紹介した StartUp Sequencer など幾つかありますが、扱いやすいということでいえばこの 遅刻指導 は全てのユーザーにお薦め。 初心者というか初級者? でも大丈夫だと思います。

Sponsored Link

コメントを残す