LhaForge

Sponsored Link
LhaForge 概略

LhaForge は多くの圧縮・解凍に対応し DLL 自動インストール機能を搭載したアーカイバ。

統合アーカイバプロジェクトの DLL を利用してファイルの圧縮と解凍を行います。 現在(Ver.1.5.0)標準で対応している形式は、圧縮 16 種、解凍 30 種、完全性検査 10 種 (最新版 DLL 利用時)。 別途 XacRett.DLL を導入すれば、解凍可能な形式をさらに増やすことができ、更にアーカイバ Noah の拡張スクリプトである 「B2E」 を利用することで、圧縮/解凍/閲覧可能な形式を無制限に増やすことも出来ます。

圧縮・解凍に必要な DLL は初回起動時に自動でダウンロード&インストールが行われます。 また、オプションで最新 DLL の確認を定期的に促す機能も搭載。(caldix を改変されているそうです。)

操作は、エクスプローラ(シェル)の拡張を利用した右クリックメニュー、 「送る」 メニューに作成したショートカット経由、ファイルの関連付けを利用してファイルを一発解凍の3つ。 コマンドライン引数を利用することも可能。

この他、圧縮ファイルに含まれるファイルの一覧をファイルを解凍することなく表示することができ、 ISO 形式のファイルを解凍することも可能。(これは手動で UnIso32.dll をインストール)

LhaForge はインストーラー版と ZIP アーカイブ版が用意されています。

  • LhaForge
  • 制作者   : 泥巣
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : 2000/XP/Vista/7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
LhaForge
LhaForge Screenshot
LhaForge 主な機能・特徴
  • LZH(LZS/LHA) / ZIP(JAR) / 7Z / CAB / TAR / GZ / BZ2 / TGZ(TAT.GZ) / TBZ(TAR.BZ2) / JAK / YZ1 / HKI / BZA / GZA / ISH / UUE の圧縮・解凍が可能
  • Z / TAZ(TAR.Z) / CPIO / A / LIB / RPM / DEB / ARJ / RAR / GCA / IMP / ACE / BEL / ISO の解凍が可能
  • LZH / CAB / ZIP / 7Z / RAR / HKI / ARJ / ACE / IMP / ISO の完全性検査が可能
  • DLL 自動インストール機能
  • 定期的に DLL の更新を確認しメッセージで表示
    XacRett.dll, B2E32.dll, UnIso32.dll は自動取得・更新の対象外)
  • 右クリックメニューより圧縮・解凍
  • ドラッグ&ドロップでファイルを圧縮・解凍
  • ファイルの関連付けを利用してファイルを一発解凍
  • 出力場所ではなく出力ファイル名を毎回指定
  • 正常解凍された圧縮ファイルを削除
  • 解凍しない拡張子を指定可能
  • 解凍前に圧縮ファイルの中身の確認が可能
  • XacRett.DLL 導入で解凍形式を増やすことが可能
  • アーカイバ Noah の機能拡張スクリプト B2E を利用し圧縮/解凍/閲覧可能な形式を無制限に
  • 32bit および 64bit 版対応
LhaForge 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
インストーラの指示に従いインストール。
アンインストール
コントロールパネルのプログラムの追加と削除よりアンインストール。
要ファイルの関連付け解除。 詳しくは LhaForge のヘルプファイル参照。

Sponsored Link

使い方

ZIP アーカイブ版使用。

圧縮・解凍に必要な DLL は初回起動時に自動でダウンロード&インストールが行われる。

LhaForge.exe で起動後の 「一般設定」 画面。 圧縮/解凍のログ、出力先の設定、出力先を開くファイラなどを設定。
LhaForgeの説明1
右クリックメニューの各種設定。 エクスプローラでファイルを右クリックしたときに表示されるメニューに 「LhaForgeで圧縮」 「LhaForgeで解凍」 「LhaForgeで操作」 等を追加。
LhaForgeの説明2
ショートカット設定画面。 ドラッグ&ドロップでファイルを 圧縮/解凍/閲覧/圧縮解凍自動判別/閲覧/完全性検査 が出来るショートカットを作成。 デスクトップにショートカットを作成した場合は、処理したいファイルをまとめてショートカットにドラッグ&ドロップすれば OK 。
LhaForgeの説明3
ファイル一覧ウィンドウ設定画面。 ウィンドウ関連、一時フォルダの整理、表示方法、関連付けで開く、プログラムの登録等の設定を行う。
LhaForgeの説明4
圧縮共通設定。 出力ファイル名を毎回指定、同時に圧縮するファイル数を制限するかの有無、形式省略時の指定等を行う。
LhaForgeの説明5
解凍共通設定。 解凍時の出力先、ファイルを確認せずに上書きするかの有無、同時に解凍するファイル数を制限するかの有無、正常解凍されたファイルを削除する化の有無等を設定。
LhaForgeの説明6
関連付け設定画面。 ここで LhaForge に関連付けしたい拡張子を設定。
LhaForgeの説明7
開く動作の設定。 圧縮ファイルを開く時、特定のキーを押しているかどうかにより動作を選択可能。
LhaForgeの説明8
DLL情報と更新設定の画面。 ここで 「定期的にアップデートを促す」 にチェックを入れ、日数を指定すると、定期的に最新 DLL の確認を促すメッセージが表示される。 この設定は機能面、安全面の為にも是非やっておきたい。
LhaForgeの説明9

この他 「詳細設定」 から LZH,ZIP,CAB,7z 等の圧縮形式ごとの設定、XacRett.DLL と B2E32.dll に関しての設定が出来ます。

ちなみに私が設定したのは右クリックと解凍時の出力先、関連付けの設定、定期的アップデートぐらい。 この辺は自分の好みと使い勝手でセッティングすると良いでしょう。

雑感

長年圧縮・解凍ソフトは WinRAR をメインで使用。 しかし関連付けしてるのに LZH や 7-ZIP が解凍できないこともあり、別途アーカイバを 2つ程入れてました。

今回メイン PC を新調したのでアーカイバはどれにしようかと考え、この LhaForge をチョイス。 アーカイバとしての機能は十分で使いやすく、最新 DLL の定期確認や B2E で対応形式を無制限に増やせたり、更に ZIP アーカイブ版だとインストール不要ということで、数年ぶりにメインで使うアーカイブユーティリティをチェンジ。

メイン :?: いや、コレ1本でいいんだな、今後は :mrgreen:

LhaForge は初心者にも上級者にも大変お薦めのアーカイバです。

Sponsored Link

コメントを残す