DelFolder

Sponsored Link
DelFolder 概略

DelFolder は空のフォルダを調べて削除するシンプルなツール。

名前の通り、空のフォルダを検索して削除するツール。 単機能ながら、深い階層から再帰的に探索して削除することができます。

使い方は簡単で、 [参照] から整理したいフォルダを選択し、 [実行] ボタンを押すだけ。 [検索] ボタンを押すと、削除対象となる空フォルダが幾つあるか表示してくれます。

削除するファイルで 「”*.bak”,”*.tmp”,”*.GID”」 等 、無視するファイルで 「”THUMBS.DB”や”_CATALOG.VIX”」 等指定すると、実行時に自動削除してくれます。

この他 -start、-h などのコマンドラインオプションの使用が可能。

  • DelFolder
  • 制作者   : Sim-G
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : 98/Me/2000/XP/7
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
DelFolder
DelFolder Screenshot
DelFolder 主な機能・特徴
  • 空フォルダを検索して削除
  • 整理したいフォルダを選んで [実行] を押すだけとシンプル
  • フォルダ履歴は 10回分記録
  • エクスプローラ等からフォルダをドロップして指定可能
  • 空フォルダ数を知りたい場合は [検索] で確認可能
  • 削除ファイル(”*.bak”,”*.tmp”,”*.GID”等)の指定が可能
  • 無視ファイル(”THUMBS.DB”や”_CATALOG.VIX”等)の指定が可能
  • コマンドラインに対応
  • 検索をマルチスレッド化
  • 書込禁止でも削除可能
  • インストール不要/レジストリ未使用
DelFolder 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
アンインストール
アンインストールはフォルダごと削除でOK。

Sponsored Link

使い方

「TEST」フォルダを作成し、その中に a~j と名前を付けたフォルダを作成。 fフォルダ内には THUMBS.DB と _CATALOG.VIX を入れた。

  1. DelFolder 起動後、[参照] で空フォルダの有無を調べるフォルダを指定。
  2. [検索] をクリックすると空のフォルダ数を表示。
  3. [実行] クリックで空のフォルダを削除。
  4. [終了] クリックで DelFolder 終了。
DelFolderの説明1

ついでに削除を指定しなかったので、 fフォルダだけ残してあとは削除された。

ついでに削除の 「無視するファイル」 にチェックを入れ 「THUMBS.DB;_CATALOG.VIX」 等指定しておくと、これらが入ったフォルダも削除してくれる。
DelFolderの説明2

Windows 7 64bit版で動作確認しました。

雑感

DelFolder は空のフォルダを削除できるとてもシンプルなツールです。 空フォルダの削除を行う対象を指定して [実行] を押せば、即削除してくれます。

検索フォルダには過去調べた履歴の 10回分が記録されているので、プルダウンから確認すれば直ぐに削除できます。

ただし、すべてが空であった場合は、検索対象に指定したフォルダ(親フォルダ)も削除されるので、注意が必要(指定したフォルダがルートの時は削除しない)。 これは仕様のようです。

Sponsored Link

コメントを残す