極窓

Sponsored Link
極窓 概略

極窓は拡張子の判別・変換、ファイルの分割/指定部分分割/結合機能、ファイルの暗号化/復号化機能、書庫の解凍・圧縮、重複ファイルチェックなど非常に多機能なファイル管理ツール。

特に重宝するのが偽装拡張子の判別・変換で、ドラッグ&ドロップの簡単操作で調べることができます。

ネット上で拾ってきた不明なファイルの調査には必須の定番ツールです。

極窓の動作にはVisualBasic6.0(SP6)ランタイムライブラリが必要です。

  • 極窓
  • 制作者   : NTSOFT
  • 言語    : 日本語
  • 対応OS  : 98/Me/2000/XP/Vista
  • ライセンス : フリーソフト
  • download
極窓
極窓 Screenshot
極窓 主な機能・特徴
  • 1000種類以上の拡張子判別
  • 指定した拡張子に複数ファイルを一括で変換
  • 一括して判別変換
  • ファイル名の置換機能(正規表現対応)、ファイル属性の変更機能
  • ファイルの分割/指定部分分割/結合機能(4GB以上可)
  • ファイルの暗号化/復号化機能、ファイルタイムスタンプの変更機能
  • ファイル名の連番機能、ファイル名一覧のテキスト出力/印刷/CSV出力
  • ファイル名の大文字・小文字の変更
  • フォルダ連番作成機能、ダミーファイルの作成機能
  • マルチビュアー搭載(音声、画像、動画、書庫、HTML、スクリーンセーバー、ダンプ、ファイル情報、テキスト)
  • 書庫の解凍(LZH,ZIP,JAR,CAB,TAR,TGZ,TAZ,TBZ,GZ,Z,BZ2,ISH,ARJ,MS-Compress,YZ1,YZ2,BZA,GZA,GCA,ACE,NOA,7Z,DGC)
  • 書庫の圧縮(LZH,ZIP,CAB,YZ1,YZ2,GZA,BZA,NOA,7Z)自己解凍形式(LHA,ZIP,CAB,7Z)パスワード形式(ZIP,YZ1,YZ2,7Z)
  • 書庫チェック機能(LZH/ZIP/CAB)、重複ファイルチェック機能
  • マックバイナリ形式用の判別機能、マックバイナリのヘッダー除去
  • Windows Media Playerに対応したファイル再生機能
  • JISからShift-JISへの文字コード変換機能、ファイル整理機能
  • ファイルのCRC[32/16bit]計算機能、CRC[32/16bit]ファイル作成&チェック機能
極窓 使用方法
ダウンロード
サイトよりデスクトップ等、適当な場所へダウンロード。
インストール
解凍して出来たフォルダを任意の場所に設置。
バージョンアップはフォルダ上書きでOK。
途中、JWord と Yahoo! ツールバーのインストールを聞かれます。 JWord はアドウェア(スパイウェア)ではありませんが、幾つかのスパイウェア駆除ソフトでは検出されます。 使いたい方は別ですが、基本は入れないほうが良いでしょう。
アンインストール
フォルダごと削除でOK。

Sponsored Link

使い方

ファイルの判別方法は、極窓を起動して確認したいファイルをウィンドウ部分にドラッグ&ドロップ。 次にウィンドウに表示された該当ファイルを選択すると、 「拡張子判別変換」 の左の小窓に現在の拡張子が表示されます。

[判別] をクリックすると、右の小窓に正しい拡張子が表示されるので、拡張子が違っていたら [変換] をクリックして下さい。 これで元ファイルは正しい拡張子に変換されています。

ドラッグ&ドロップ以外でファイルを選択するには、極窓の 「フォルダ検索」 から [ドライブ] ⇒ [フォルダ] とたどって該当フォルダを選択し、 [検索] をクリックします。 するとフォルダ内のファイルがウィンドウに一覧表示されるので、判別したいファイルを選択して下さい。

もっと便利な使い方は、デスクトップに極窓のショートカットを作り、 [スタート] ⇒ [ファイル名を指定して実行] をクリック。 「sendto」 と入力して [OK] をクリックします。 右クリックメニューの 「sendto」 フォルダが表示されたら、極窓のショートカットを移動。

すると右クリックの [送る] に極窓が追加されるので、調べたいファイル上で [右クリック] ⇒ [送る] ⇒ [極窓] と選択すれば、いちいち極窓を起動しなくて済み、簡単に拡張子の確認が出来ます。

雑感

極窓はファイル管理に関して色々なことが出来ます。 私の場合、やはり拡張子判別・変換がメインの使い方で、時々拾った怪しいファイルを、 「ウィルスチェック」 ⇒ 「極窓」 とチェックしてます。

拡張子チェックだけだと頻繁に使うツールではありませんが、PCに入ってないとちょっと困る、そんなツールですね。

右クリックの 「送る」 に登録しておくと、気になるファイルを簡単にチェックできるので大変便利です。

Sponsored Link

コメントを残す